『大変なのは大きく変わるため』

GARDEN stars. Vol.8  

K.suzaki 2020.09



 

『大変なのは大きく変わるため』

この職業は女性を相手に女性の髪の毛に携わる仕事なので、女性の感性や繊細さが必要とされます。

なので手先も考え方も「不器用」な男子は(自分もそうでしたが、、)、最初苦労します、、(笑)

それでもくじけず練習を重ねて行くことで、お客様からの支持はもちろんですが、不器用だからこその経験が、同様な後輩たちの気持ちを理解することもできます。

そんなタイプだった彼も、今では後輩たちから絶対的な信頼を得る店長。

GARDEN harajyuku 店長 羽田拡くん。

 

新卒で入社した彼は、まだオープンしたばかりの旧drive for garden に配属されます。

当時は河野くんや秋葉さんもバリバリ現役で、それは忙しいお店でした。

 

「毎日が本当に忙し過ぎて、、

トイレに行く暇さえなく、いつも我慢しながらシャンプーしていました!」(笑)

「先輩から注意を受けすぎて、何度か忙しい営業中に逃げ出してしまった事もあり、ご迷惑をおかけしてしまいました、、、」

 

本人曰く

「とても不器用で、、、

サロンでは空気も読めず、、、

人としても未熟、、」

だったそうで(笑)、毎日怒られる日々を過ごしていたそうです(笑)。

確かに「羽田逃亡!」という話しを当時よく耳にしました(笑)。

 

「でもそんな僕を、一人のスタッフとして大切に支えてくれ、見放さないでいてくれた先輩方、、」

「特にその当時に店長だった現MARGAUX by GARDEN代表の清水秀和さんには、もう頭が上がらないくらいお世話になりました、、」

「時に優しく時に厳しい言葉をかけていただいた事、僕に費やしてくれた沢山の時間、、」

「清水さんは、今の自分に美容師として、人としてを教えてくれた美容人生の恩師です!」

 

そんな辛い、、(笑)

アシスタント生活を銀座のdrive for garden で2年間、その後200坪のGARDEN harajuku で2年間過ごし、晴れて5年目にスタイリストデビューします。

彼のデビュー当時はまだSNSの発信ではなく、ホットペッパービューティーでの集客が主流でした。

そこでも彼は、先輩達の様な集客できるヘアデザインが作れず、毎日泥臭く「客ハン」をし続けていました。

 

「営業後から終電まで、暑い日も寒い日も、雨が降る中でも名刺を配って、、、」

「その頃がスタイリストとして一番辛かったです、、」

「毎日渋谷や新宿にいましたね!」(笑)

 

そして旧GARDEN harajuku の閉店と共に、新たなコンセプトサロン

LAiLY by GARDEN のオープニングとして異動します。

「一番思い出として残ってるのは、オープンして1年を迎えたスタイリスト3年目に、TOPスタイリストに昇格した事です!」

「僕より1ヶ月早く同期がTOPスタイリストに昇格した事が凄く悔しくて、、」

「自分もTOPスタイリストになるために、当時では無謀な目標を掲げました」(笑)

「そんな無謀な目標でもクリアできて、TOPスタイリストになれた時は本当に嬉しかったです!」

「当時代表だった長田耕太さんや、アシスタント、スタイリスト、レセプションみんなが僕のことを応援してくれました!」

「みんなが応援してくれなかったら、、あの環境じゃなかったら、、きっと目標をクリアできなかったと思います、、」

「LAiLYのみんなと毎週の様に、夜遅くにまで未来について語り明かしていた事は、とても良い思い出です!」(笑)

 

 

そして今、彼はGARDEN harajukuの店長。

店長として意識している事は?

「スタッフがやりがいをもって、充実したサロンワークができる事はもちろん、個々が目標に向かい前向きにトライして、結果を出し形にできるような環境にしてあげたいと思っています!」

「今の原宿店に所属し働いてくれてるスタッフは、僕にとってはとてもとても大切な存在です、、」

「少し前を走りながらも、時に一緒に並走して、スタッフと共に成長して行ける様な存在でいたいと強く思います!」

 

最初の2年目以降は、僕は彼とはずっと一緒のお店で、8年間彼を見てきました。

確かに問題も沢山起こし、、

やる事なす事不器用で、、(笑)

それでも彼は諦めず前を向いて来ました。

毎週休み前にはクラブのセットで朝まで働いたり、毎晩客ハンをし続けているのも知っていたし、、、

店長になった時も、みんなからの信頼を得るために必死で自分の売上げをあげたり。

『朝一番に来て一番最後に帰る!』

という店長の基本を今でも継続しています。

 

 

最近楽しい事は?

「後輩の成長!これに尽きます!」

「休みの日に作品撮りをしていたり

セミナーを受講していたり、コツコツと成長しようと頑張ってる姿を見ると、支えてあげたくなります!」

「デビューしたばかりの後輩スタイリストが、可愛いヘアデザインを提供していたり、SNSを通してお客様がご来店してくれた瞬間は、本人より僕の方が喜んでるかもしれません」(笑)

 

どこまでも自分ではなくて後輩たち、、

不器用だからこそつまずき、遠回りをしたからこそ経験して来た事が、羽田くんを大きく成長させて、そんな彼を作りあげたんだと思います。

そんな自分を応援してくれた人達がいてくれたからこそ、感謝の気持ちを忘れず、後輩たちにも同じことをしてあげたいと思えるんじゃないかと。

 

 

『大変なのは大きく変わるため』

羽田くんだから伝えて行ける事を、これから沢山後輩たちに伝えて行って欲しいと思います。

大切なGARDENのDNAを。

 



羽田ヒロム / GARDEN harajuku

確かな技術と親しみを感じさせる人柄でお客様から絶大な支持を得ているスタイリスト。カット前のカウンセリングを重視し、お客様の気持ちに寄り添ったヘアスタイルを提案。女性らしい丸みがあるショートやショートボブは、大人っぽくて可愛いと評判。トレンドを欠かさない最新の愛されヘアは、みじかすぎず、サイドシルエットまでも美しく仕上げる納得の仕上がり。真摯な気持ちでヘアスタイル施術をしてくれる姿にファンが多い。



羽田さんはSNSでも、女性らしい丸みがあり横顔も可愛いヘアスタイルを発信しています!

羽田ヒロムInstagram→コチラ

 

 

# DNA # 想い # 羽田ヒロム

twitter

facebook

line

関連記事