story 63

2021.08.04

 

 

2021年8月4日を

持ちまして、

GARDENは

創業15年を

迎えます。

 

 

これを機に2021年8月1日より、

 

河野悌己が

取締役社長に、

野田泰宏が

取締役副社長に

就任し、

各店代表者と共に

新体制が始動

致します。

 

 

今後は私須崎勝己と加藤敏行は、

取締役として新体制をサポート

して参ります。

 

 

 

沢山のお客様、及び関係者の

皆様に支えられての15年で

ありましたが、

また新たなゼロからのスタートと

考え、

より高い『旗』を掲げて

皆様から応援頂けるような

GARDENを目指して参りたいと

思います。

 

 

15年前、様々に苦難

の船出であった僕たち

ですが、

そんな苦難を一緒に

乗り越え支えててきて

くれたスタッフたちの

想いを大切にしながら

 

個々それぞれの個性を

花開かせることで、

お客様にとっても

他にはない

唯一無二の

ヘアサロンブランドを

目指して参りました。

 

 

そう言った意味では、GARDENは

優秀なデザイナーを育てる学校の

様なものでもあるとも思っています。

 

 

教育者、指導者は、

経営者とは少し異なり、

一人一人の目指す

ゴールを導き、

その成長のために

太陽となり輝き

エネルギーを与え、

信念と愛情を持って

全力でサポートし、

何よりもその可能性を

信じること、

そう思っています。

 

 

自分自身そのような思いを持って

この15年を走って参りましたが、

その役割を今後二人に託し、

これからの新時代に向けた

新しい旗を掲げて、全力で

進んでもらいたいと思っています。

 

 

この業界を取り巻く環境は大きく

変化し続けています。

 

その変化の半歩先を行くべく、

様々な多様性に対応しながら、

皆様から求め続け

られるGARDENで

あるために、

新体制が軸となってこれから

様々に新しいチャレンジをして

参りたいと思っております。

 

まだまだ若輩の我々ですが、

今後ともご指導ご鞭撻を

よろしくお願い致します。

 

 

 

15年前のオープンの

日の朝礼は今でも瞼に

焼き付いています。

 

 

それから様々なことがありながらも、

こうして皆様に支えられて15年を

迎えることができました。

 

本当にありがとうございます。

 

 

そして冒頭にありました通り、

これから次世代へとバトンを繋ぎ、

新たな未来を目指して行きたいと

思います。

 

 

オープン時より、

GARDENは

「My company」

ではなく

「Our company」

であるとスタッフに

伝え続け。

 

 

今はお互いがその役割

を演じていて、いつかは

その役割も変わると

言い続けてきました。

 

 

 

若いエネルギーや

パワーが何時の時代

も大きく変えて

きました。

 

 

経験者にも当然その役割は

ありますが、やはりこの業界は

特に若いファッションや

カルチャーがヘアデザインや

トレンドを大きく左右し、

またそんな彼らの価値観に

共感できともにビジョンを描ける

ような人がリーダーに立つべきと

思っています。

 

 

今回トップに立つ河野は、

新卒で我々のもとに入社し

23年間苦楽を共ににしてきました。

 

誰もが認めるエースプレイヤーで

あり続けた時代を経て、

NYにも渡ってNY店を立ち上げて、

数年間行き来もしていました。

 

数年前からは、事実上の現場の

トップとして、またクリエイティブの

トップとして、世界中を駆け巡り

GARDENを牽引してきました。

 

彼に憧れ、彼を目指

してきたスタッフ達も

多く、これからは

そんな彼が一人一人

の個性を引き出し

ながら、その総合力

としての強いチームを

作り上げて行くと思い

ます。

 

 

それをサポートするNO2の

野田は、やはり20年前に

新卒生として我々のもとに入社

してきて、特に初めての郊外型

ショッピングモールへの出店の

トップとして、過去に経験のない

出店を成功させて、二店舗に

広げてきました。

 

彼はその成功に留まらず、

GARDEN全体の未来を創ることに

自分の人生を掛けたいと今回

の職に就きました。

 

誰からも愛される

その明るさと前向きな

人柄と、誰に対しても

自分のこと以上に相手

を思いやれるその

包容力で、多くの

スタッフからの

信頼を集める彼が、

走る河野を支えて

行きます。

 

 

僕自身初めから経営者を目指した

わけではなく、このブログに記した

様な経緯でGARDENをオープン

致しました。

 

そんな僕でも、目の前に精一杯

向き合っていく中で、少しずつ

スタッフに認めてもらえるように

成長することができました。

 

 

これから彼らも、今までとは違う

視点で悩み苦しみながらも、

少しずつこの責務と職を全うして

くれると思います。

 

 

そんな二人の創る

これからのGARDEN

の未来に大きな期待

を抱きつつ、

僕も楽しみながら

スタッフみんなを

サポートしていきたい

と思います。

 

 

 

そんな新体制で、

益々皆様のご期待に

お応えできるような

GARDENを目指して

参りたいと思って

おりますので、

これからも皆様の応援

をよろしくお願いいたし

ます。