story 59

2021.07.02

 

 

森内や池田が入社したあと

(また30年近く前に

戻ります、、)(笑)

 

中途採用で

スタイリスト経験

のある強者

アシスタントたち

が沢山入社して

来ました。

 

 

 

 

その中の一人が加藤

 

 

僕たちスタイリストは上と

近かった分、

将来への展望なんかも常に

聞いていて。

 

それぞれに違う

価値観の環境で

育ってきても

ある程度共有

できました。

 

 

ところがその辺のメンバー

となると、そんな先のお店の

ビジョンというよりは

当然ながら、、

 

 

上手くなりたい!」

 

 

「売り上げを

上げたい!」

 

 

「一旗上げ

たい!」(笑)

 

 

当たり前だけど、

そんな自分のことだけを

考えて入社してきます。

 

 

そんな個が強い人間たちです

から、上のいう事なんて

なかなか聞かず

 

 

 

「アンチ管理者」

みたいな感じで(笑)

 

 

 

 

森内が殴り合いの喧嘩を

したり、、、

 

 

少しだけ僕も

「愛の鉄拳」

を喰らわせていたのも

この時期で(笑)、

とにかく色々大変でした。

 

 

 

 

加藤もまさにその

中の一人で、

 

今みたいに人の話し

を聴く

 

 

『仏の加藤』(笑)

 

 

からは想像も

できない感じで、、、

 

 

 

 

未だに公表できない

ようなやんちゃな

事件も何度か

起こしていました。

 

 

 

 

そんな中でのニュートラル計画

が持ち上がり。

 

 

森内のご指名ということと、

その世代のメンバーの将来とか

も頭にあった僕は直ぐに

賛成して、新ブランドの創業

メンバーとして加藤を迎え

入れました。

 

 

 

 

彼も当時は

プレイヤー軸。

 

 

 

撮影とかももちろん現役で、

売り上げなんかも

「森内に負けない!」

って言いきって頑張って

いました。

 

 

 

でもせっかちで

ドンドン前進した

がる『ドS』な

僕と森内に対して。

 

 

その後方支援として

の問題解決や、

スタッフ理解などを

(最初は嫌々だった

かもしれません

が、、)

加藤が取り待って

行くようになります。

 

 

そしていつしか

 

須崎(ドS)

 

森内(ドS)

 

加藤(ドM)

 

というSSMの

ゴールデントリオ

が出来上がって

行きます(笑)。

 

 

やはりスタートから一緒に、

同じ目標にむかって走って

行く事で、共有と成長は

大きく促進されます。

 

その後現在プレスで残って

くれている

佐久間もこの時期

に参加し、

4人でまずはニュートラルの

将来のために、毎日話し行動

して行きます。

 

 

その後今の幹部たちが

スタイリストとして成長して

行きますが、常に彼らの

フォローをしてきたのも

加藤で。

 

僕と森内とは違う

役割において、

彼らからの絶対的な

信頼を得て行き

ました。

 

 

そして本体との亀裂、、

 

 

その時も様々に面倒

な問題の矢面に

立っていたのは

加藤でした

 

 

すでに僕と森内では話し合い

にもならない状況においても

中立的な視点で両方と話し。

 

 

スタッフに対しても一方的な

僕らサイドの考えだけでなく、

常に冷静にスタッフ

一人一人の事を

考えて立ち振る

舞っていました。

 

 

退社の時も色々あって、

僕と森内が一か月も先に退社

しますが

 

それから一か月間お店に残り、

本部とも調整をしながら

スタッフをまとめて

 

最終日はとにかくお世話に

なったお店に対して

少しでも綺麗にして終わろうと、

全員で遅くまでできる限り

掃除をしたことを牽引して

くれたのも加藤でした。

 

 

 

そうやってGARDEN

のオープンにも賛同

してくれましたが、

森内同様に半分

諦め(笑)的な視点で

僕のことも受け

入れてくれて来た

と思っています。

 

 

その後GARDENがオープン

してからも、3人の立ち位置

はそんな感じでバランスよく

やって行くようになります。

 

 

それから今に至るまでは

まだまだ沢山のドラマが

ありますが、

そこはこれから(笑)。

 

 

加藤も間違いなく

GARDENを作り

支えた大きな存在

であり、

そんな多くの人の

物語によって

GARDENは存在

しているという

ことです。