story 58

2021.06.29

 

 

当時で森内30歳ちょうどくらい。

 

 

彼の実力であれば

足踏みしていたくない

というのも当然で。

 

 

僕自身もやはりその

停滞感は早く突き

破って。

 

 

前に進めて行きたいという気持ちも

ありました。

 

 

 

そこで生まれたが

新ブランド

「ニュートラル」

の構想です。

 

 

そして計画からオープンまでは

一年以上掛かってしまいましたが、

2001年にニュートラルは

オープンを迎えます。

 

 

 

最初その人事を決める時に、

まずは森内の右腕

となる店長をと言った

時に、

森内が口にしたのが

 

「カトちゃん」(笑)

でした。

 

 

 

その頃の加藤は、スタイリスト

としては申し分ない実力でしたが、

どちらかというと

「アンチ上」的な

感じで、

役職とかマネジメント

には全く興味も

示さない様なタイプ。

 

 

森内ともそんなに仲が良かった

わけではないのですが、、

 なぜか加藤を選び、

 

それが現在まで続く

3人の縁となります。

 

 

加藤の話すと「やってみたい」

ということだったので、

あとは二人で色々決めてもらい

スタートしました。

 

 

 

年齢的には加藤が

一番上で森内が

一番下。

 

でもなんとなくは

僕が上で加藤が

一番下。

 

みたいな感じでしたが、

そんなことは関係なく、

とにかく成長する

ために毎日の様に

ぶつかり合って

いました。

 

 

でも営業中でも馬鹿みたいに

ふざけあったり、

笑いの絶えない毎日でも

ありました。

 

 

この頃も森内は外の仕事と

サロンワークを寝ずに

頑張っていました。

 

またそうやって取って来た自分の

仕事を、

当たり前の様に後輩

に回して行きました。

 

 

 

自分が取って来た仕事をまわして

行くというのは、

お客様をまわして行くのと同様で、

その頃の時代では中々できる事

ではありませんでした。

 

 

ただ彼はその頃から

 

「自分だけでなく

後輩を育てなきゃ

ダメだ!」

 

そう言って、

ドンドン仕事を後輩に

まわしていきます。

 

 

今の幹部たちは、

その頃は眠れず

泣きながら撮影を

やっていたと思い

ますが()

 

それがあったから

こそ、

本人もGARDEN

ここまで成長できたん

だと思っています。

 

 

そうしてスタイリストも増えて

ニュートラルは成長して

行きますが、、、

 

ご存知の通り距離感ができて、

修復のできないところまで

行ってしまいます。

 

 

人で地元帰って

バラバラにやるか、、」

 

 

そんな話もして

いましたが。

 

やはりついて来て

くれた後輩達に

嘘はつきたく無いと

人とも思って

いました。

 

 

「じゃあ人で

やろう!」

 

「ついて来たい

スタッフは全部

受け入れて!」

 

 

そんな感じになって行きました。

 

 

 

ニュートラルを立ち上げてからは、

距離が近い分ぶつかることも

多かったですが、

それでも必ず彼は僕を立てて

くれていました。

 

 

「どうせ決めてるん

でしょ!?」

 

 

この時も様々にありましたが、

あれだけのリスクを背負って

スタートすることも、

最後は全て受け入れて

くれました。

 

 

その後についてはまた後ほど

様々に登場してもらい触れて

行きますが

 

 

ニュートラルの時代から

彼がスタッフの成長を

牽引して。

 

 

一緒になってやって

来たからこそ

GARDENは生まれ

ました。

 

 

そうやって森内だけで

なく、

沢山の人達の思いが

詰まって生まれたのが

GARDENです。

 

 

本当に僕は、

沢山の縁とフォローと

タイミングとラッキー?

が重なってここまで来れたわけ

ですが、

だからこそ一人で

創業した経営者とは

違う価値観を持ち

続けています。

 

 

GARDEN

My company

ではなく

「Our company

であると言う事。