story 57

2021.06.29

 

 

一度ブームの頃に、

森内をドッキリにはめる

みたいな番組がありました。

 

素人の美容師がそんな

企画の主人公だったん

ですから、、

 

恐るべき

カリスマブームだった

でしょ!?

 

 

有名になった森内に目をつけた

あるプロデューサーが

自分の別荘まで来て髪を切って

欲しい!

 

僕たち全員仕掛ける側で、

そのプロデューサーと繋がる事で

更に大きな仕事が入るから

絶対遅刻しないで

行って来い!と()

 

 

車で郊外の別荘に

向かう途中では

もちろん罠が

仕掛けられ

ています。。。

 

 

車で向かう森内の前に年老いた

おばあちゃんが現れます。

 

 

この辺からは実は僕も記憶は定か

ではないんですが、

とにかく予定していた時間に

大きく遅れてしまいます、、、

 

 

当然激怒したプロデューサーが

様々に無理難題を押しつけて

最後は「ドッキリ!」って言う流れ

だったんですが。

 

 

 

 

プロデューサーに

「なんで遅れた

んだ!!」

って詰め寄られた時に、

彼は何も言わず黙って

いました。

 

 

僕は

「ちゃんと理由(仕掛け)

があったんだから

言えばいいじゃん、、」

とずっと思っていました。

 

 

でも彼は何も言い訳

せず、ただただ

「すみませんでした、、」

と全て自分の責任で

あるかのような態度を

取り続けました。。。。

 

 

 

 

最初は

 

「ちゃんと言い訳

しろよ!」

 

「これがドッキリじゃ

なかったらどうする

んだよ!!」

 

くらいには見て

いましたが、、

 

 

 

一言の言い訳もせず、

ただただ謝り続けた

彼に僕は感動して

いました。

 

 

 

それまでも楽しくも、

一生懸命にみんなで

やって来て。

 

 

 

僕はそれぞれに

みんなを尊敬して

いましたが。

 

 

 

この時に森内という

人間に、

 

圧倒的に魅了

されました。

 

 

その後当然みんなで

「なんであの時本当の事を

言わなかったんだ!」

と散々言われましたが、

「なんとなく、、」と

 

 

その後も池田も含め、

人で毎日のようにミーティング

という理由で朝まで飲み、

本当の意味での

日本一の会社にして

行きたいと思っていた

ところに

あの「無免許問題」

が起こりました。

 

 

 

お客様の影響は少なかったものの、

やはり前に進んで行く推進力は

弱まって行きました。