story 56

2021.06.29

 

 

今から約30年前

(また更に昔に戻ります)(笑)

 

スタジオVという、

やはり当時は有名な

サロンがあって。

 

「南国酒家」の隣りの昔から有名な

原宿コーポの二階に本店があり、

渋谷店や新宿店も伊勢丹に

あったりしました。

アピッシュの坂巻さん

も出身で、

リッツの金井さん

なんかは当時は雲の

上の人でした)(

 

 

僕がOPERAに入社した数年後、

そのスタジオVの新宿店にいた

森内が入社してきます。

 

 

当時はもっとシャープで

最初は少しカッコ

つけて、

有名サロン出身みたい

にしていましたが、

直ぐに本性はバレて

行きましたね()

 

 

その頃は先輩のスタイリストや

生意気な後輩たちも多くて、

とにかく自分を認めさせるために、

彼は必死に頑張っていました。

 

 

実力もあったし、何よりハングリーで

前を向いていた森内は、

僅か23、4歳で店長

となり、

ちょっと先に入社した僕と池田と

人でサロンを任せられるように

なって行きます。

 

 

以前に書いた通り、

その頃は気合いの入った

自分勝手な連中が山ほどいて

 

森内も若さゆえに

殴り合いの喧嘩とかも

していました。

 

 

それから

女性誌の時代が

始まり。

 

 

僕たちにもたくさんのチャンスが

まわって来る中、

以前のお店での

ヘアメイクの

経験を生かして、

森内はチャンスを

掴み取って行きます。

 

 

女性誌の仕事で沢山の指名が

入る様になり、

もともとセンスもあって器用な

森内は売り上げもドンドン

伸ばして行きました。

 

 

 

ACQUAになって数年後には

綾小路さんや野沢さんの売り上げ

をも凌ぐ勢いとなり。

 

 

 

今では想像出来ない

でしょうが、、、

 

800万の売り上げを

年間、

ひと月たりとも落とす

ことがありません

でした!

 

 

 

朝から晩まで僕が

近くで見ていても、

それはストイックに

やっていました。

 

 

それでも夜食事に

行ったり、、、

徹夜で麻雀したり、、

()

 

まぁ当時はみんな

パワーがあった

ものです。

 

 

ACQUAが成長してスタッフは

増えて行く中で、

上のメンバーは更に外へ出て行き、

僕と森内と池田でサロンをまとめて

行く様になり、組織や人事や評価

という事も必要になって行きます。

 

 

その辺は当時ほとんど上は

考えていなくて(笑)、

給料制度も僕が当時考えて

提案しました。

 

 

 

他にも300

プレイヤーはゴロゴロ

いて()

「それくらい売り上げ

無ければスタイリスト

じゃない!」

 

当時はそんな空気感でしたが、

それだけの売り上げを支える

アシスタント採用をする

ならば、

当然歩合率を考えて

行かねばならず。

 

 

また僕たちはその時経営者では

なかったけれど、

会社を大きくするため

にも、

僕たち池田と森内

行く行く役員になって

行ける様でなければ

いけないと当時の僕は

思っていました。

 

 

 

様々に考えを巡らせた中で、

上を説得する意味でも

僕たち3人の給料を

下げて

「固定給」

にする提案をして、

色々改善して行き

ました。

 

 

 

ただしそんなことは森内も池田も

簡単に納得なんてしてくれません、、

 

それでもお店の将来

ことを何度も話し

あって理解して

もらいます。

このことは何年もずっと引き

ずられましたが、、)

 

 

でも二人ともそれくらいお店の

将来を信じ、

何より自分を信頼して

くれていました。

 

 

それは僕にとっては

とても心に残っている

ことで、

今でも良く覚えて

います。

 

 

そんなことで更に結束が強まり、

僕たち人で現場を全て見て行く

様な感じになって行きました。