story 52

2021.06.29

 

 

さてまた30代後半の僕に

戻ります(笑)

 

既にスタッフは50

を越えて

売上も7030

僅か100ながらも

4500万くらいを

売上げていました。

 

 

 

ブームを経験し、

またNEUTRALでもその経験を

生かして、僅か5、6年でそこまで

辿り着いた自分たちにとって、

 

 

その頃には『日本一』

っていうキーワード

だけではもの足り

なくなっていました。

 

 

 

そんな状況にありながら、

裏側では益々距離が離れてしまい

修復のきかないところまでになって

しまいます。。。。

 

 

 

僕自身その時でも

「自分がお店を出し

経営者になる」

なんて考えは全くなく

 

現実的な選択肢とすれば、

森内、加藤、それぞれで実家に

戻りお店でも出そうか?

なんて話していました、、、

 

 

 

 

その頃新宿のパークハイアット

にあるNYグリル』

によく行っていました。

 

 

 

昔から話題のお店に

行っては、

「何がいいんだ

ろう、、?」

 

とかをよく観察して

内装やサービスや

雰囲気などを参考に

インスピレーション

していました。

 

 

 

NYグリルのオープンは、それより

かなり前のバブル時代に遡り

ますが、その時でも賑わいは

変わらず。

 

 

パークハイアットという日本屈指

ホテルの最上階のメインレストラン

でありながら

 

格式的ではなくて

カジュアルで

フレンドリーだけど

それでいて大人な

ファッショナブルな

雰囲気。

 

 

年配から若い人まで

年齢層は幅広いけど、

それぞれに雰囲気の

あるオシャレな方たち。

 

 

 高層階の天高の

大きな窓から広がる

360度のパノラマの

東京の夜景は、

それだけでも初めて

行く人にとっては

ワクワク感でいっぱい

なると思います。

 

 

 

 

 

数年前にはじめて

NYを訪れたことが

あります。

 

 

 

様々なサロンを見学しましたが、

まだカリスマブームの勢いの中に

いた僕は、

正直魅力を感じる

お店がありません

でした。

 

 

 

 

そんな中で唯一

 

 

当時YAYAさんが提携して

日本でも展開しようとしていた

「バンブルバンブル」

だけはその時の僕にとっては

鮮明でした。

 

 

たぶん150坪くらい?のサロンの

ど真ん中に

カラーブースがあり、

 

もう22、3年前だから、

KAKIMOTOさんが日本で

初めて「カラーリスト」という

考えを始めた頃?!

 

既にカラーリストと

カッターが分業して

いて、他のお店と

比べても圧倒的に

流行っていました。

 

 

 

NYも日本と同様、

有名サロンといえば

トップの先生の名前を

付けるのがまだ当たり

前だった時代、、、

 

 

何よりもその後、

当時はやはり断トツの人気を

誇っていたバーニーズ

(日本のバーニーズが閉店に

なったのも時代の流れを

感じます、、)に行った時、

 

メインホールに

バンブルのシャンプー

が山積みにレイアウト

されていました。

 

 

 

それを見たときに

「これからはヘアサロン

もブランドの時代だ」

と自分の中で大きな

指針が見えました。

 

 

もちろんそれを当時のACQUAに

当てはめて、さらに大きなビジョン

を自分なりに描いていました。

 

 

 

 

目指すなら『アジア』

そして『世界』

 

 

そのためのには、

NYグリルの様な

幅広い年齢層が

楽しめる大箱。

 

 ニュートラルのメンバーとは

そんな夢も以前から話していました。

 

 

何も前進できずに将来に対する

ことをスタッフに伝えられない中で、

 

その時の僕は、

やはりその夢のために

前進していくしかないと

決意して、

森内と加藤、そして今の

幹部であるメンバーたち

にそのことを話して

行きました。