story 27

2021.05.07

 

現在に戻ります(

 

先日スタイリストの結婚式に参加

させてもらいました。

 

まさに緊急事態の最中でどうなるか

と思っていましたが、、

 

去年も延期を繰り返して、

結局諦めたスタッフもいた中、

なんとか実施したいと式場とも

相談し、親族の参加もリモートに

して行いました。

 

当然アルコールは

なしでしたけど、、、

 

更に今回は

初の社内カップル

(カップルとか言わないのかな!?)

 

 

実は数年前まで

GARDENは社内恋愛

が禁止でした。

 

まぁ、美容師として成長したいと

入社して来たスタッフをキチンと

成長させてあげたい!

みたいな気持ちはあったんですけど、、

 

正直別にいいん

じゃない!?

 と僕は思っていました。

 

ただ現場のスタッフの見方は

全く違っていて()

 

今は周囲に迷惑をかけない様な

大人としての配慮

に基づいてという様な感じに

なっています()

 

今日はそこが主題ではなくて、、

 

 今のようななんでもありの時代

において、キチンとした儀式

というのは、冠婚葬祭

しかないんじゃないでしょうか?

 

僕は特にそこは大切

だと思っていて、

会社の規定において

出席すべき場合は、

どんな遠方だろうと

必ず出席します。

 

それは経営者としての義務だと

思っていることもありますが。

 

そんな時にこそ、GARDENおける

美容師としての本人

ではなく、

親兄弟、親族、家族の中における

一人の個人としての姿

を感じることができます。

 

本来は会社における

ポジションや美容師

としての評価みたい

ことよりも、どんな人間

であるのか?の方が

大切なんじゃないか?

と思っています。

 

親や親族に対して、まして家庭を

持っているので有ればなおさら

家族に対して。

 

同時に、会社を通じて

そんな人として成長し、

強く周囲を守って

行けるようになって

もらいたいと思って

います。

 

 今回も、そんなスポーツやって

たんだ!?とか。

 

家庭の事情やら、そんな過去が

あったんだ!

みたいなことが知れて改めて

見方も変わったりとか、、

 

そんなことを垣間見る

ことで、より深く知れ

たり、僕の心の中で

また少し距離感が

変わって行きます。

 

 

「会社」

に対する見方、

捉え方、望むこと、、

 

どんどんドライになる一方で、

特にこの業界は会社に属してい

こと自体が???

みたいな風潮とか。

 

 

もちろん僕も時代に合わせた

適度な距離感は必要

だとは思っていますが、、

 

やっぱり僕はいつまでもウエットで、

関わった時間に合わせたくらい

お互いが思いやりも持って。

 

友達とも家族とももちろん違うけど、

大切な関係でありたい

なぁとは思っています。

 

 

女性スタッフの

ウエディング姿を

見ると、

娘を嫁に出す気分

になってしまうのは、

感情移入のし過ぎ

なんでしょうね()

 

我が家は息子二人で

娘が居なくて良かった

とつくづく思います()