story 23

2021.05.01

 

この頃で22、3歳かな!?

 

当時はスタイリストデビューって

言っても半人前で、キッズカット

なんかで少しずつ慣れて行くもの

でした。

 

GARDENでは

デビューが一つの

大きな目標

になっていて、

最近でもデビューした途端に

凄まじい売り上げをあげる

スタイリストもいます。

 

先にも書いたけど、そんな風土が

今でもまだ残っていて、

最初からそんなデビューを目指す

人もいますが、そう簡単に

行かない人がほとんど

です。。。

 

本人にとっては大きなことんで

しょうけど、、、

美容師の先輩としての僕から

言わせれば、

スタイリストデビューは

シャンプー合格程度と

思ったほうがいい

と思っています。

 

GARDENではそんな風土もあって、

デビューのときには全店や同期や

それこそ親や友人から花が届き、

それこそお店が

新装オープン

みたいになりますが、

僕は一度も花を

贈ったことが

ありません。

 

スタイリストになるまでは、試験が

あってそれに合格しないと

昇進昇給もできず、

仕事にも入れないので、

わかりやすい目の前の目標を

誰でもクリアしようとします。

 

でもスタイリストになると、

その課題から解き放たれて、

ほとんどの人は練習

しなくなります。

 

また売り上げをあげる

目的ばかりになって、

お店全体のヘルプなど

にも消極的になります。

 

本来であれば、お店の試験という

のは最低基準で、

そこから様々に経験や勉強を

重ねて技術を高めて行くものです。

 

今の時代はよりシンプルにして

デビューのスピードをあげる傾向

にはありますが、、、

やはり絶対的な数を

やらないと上達しない

のは時代が変わろうと

変わりはありません。

 

なるべくデビューのときにはその辺を

伝える機会は作っていますが、

周囲にバズる人が

いると、どうしてもそちら

引っ張られて

行きます。

 

コラムでGARDENの先輩達を紹介

していますが、殆どの人達はそんな

売れない時期を経験して、だから

沢山のお客様から支持頂ける様な

デザインや技術や

人間性を学んで

行きます。

 

決して最初からブレイクすることが

ダメとかではなく、それだけの経験

や勉強の積み重ねをしなければ、

自分が憧れる

スタイリスト

にはなれないこと。

 

だから時間は多少

かかってもいいから、

ちゃんと前を向いて。

 

何より

「自分自身の目標から

逃げない」

ことを大切にしてもらい

たいと思っています。