story 8

2021.04.15

 

 

 

2020年4月8日

のFBより

 

最近ではFBはあまり開くことさえ

なかったのですが、

久々に投稿してみます。

 

GARDENも9日から休業に

入りました。

 

そこに至るまで、

他の経営者の皆さん同様

大きな葛藤

がありました。

 

サービス業はどこも同様に、

残業代社会保険料

などの件費が大きく、

僅かな利益の中から納税や

銀行返済を行なってるところ

がほとんどだと思います。

 

だから運転資金だって

売上げの3ヵ月

なんて溜まるはずもなく。

 

そもそも

2、30%の売上げ減

想定していても、

ゼロなんて想定

は誰もしないでしょう。

 

ウチはオフィスに優秀な財務が

いるので、かなり精度の高い

資金繰りシュミレーション

をしていますが、

4,5月の売上げがこんな感じだと、

まともに全て支払っていたら、

大型融資を入れても

半年で完全にショート

します。

 

こんなシュミレーション

想像もしたこと

なかったので、

数日は食欲どころか

吐き気と絶望感に

襲われました。

 

でも結局のところ、

普段において業績が下がったり、

何か不正をして自社だけが窮地に

いるのではなく、全世界レベルでの

問題なんだから、

悩んでもしょうがない!

という希望的開き直りで

今に至っています。

 

GARDENNYにも店舗が

ありますが、すでにNY店は

21日より閉鎖状態で、

スタッフも完全自宅待機です。

 

VISAの問題や外資ということもあり、

適用できる補助もまだないまま、

スタッフは不安な毎日をずっと

耐えています。

 

「だいぶ慣れました!」とは言って

くれますが、

毎日何度も救急車の

サイレンが鳴り響くと

怖くなるそうです。

 

僕は日本も同じ様な状況

陥ると思っていたほう

いいと思っています。

 

もちろん社会背景の違いで、

そこまで死者が出ないとしても、

感染の広がりや危険性、

それを封鎖するための期間や

それに準じて起こる経済の停滞。

 

不安を煽るつもりは

全くありません。

 

ただ「そうならなかったらラッキー!」

くらいに考えて、コロナ封じに日本も

取り組むべきだと思っています。

 

これから都の休業要請の業種が

発表されますが、

「美容業は要請

から外す。。。」

 

あるコメンテーターは、

「これからも続けて喋らなければ

いい。。。」とか、様々に言って

いますが。

 

「じゃあお墨付き

もらえたね!」って、

営業継続や再開なんて

話しになると、スタッフの安全や

国家としてのコロナ封じのために、

お客様を断念した

スタイリスト、

倒産のリスクを

抱えてまで休業判断

した経営者達

が混乱してしまいます。

 

営業継続しているサロンと

休業したサロンを巡って

是か非かとか。

 

しんでる人たちの揚足を

取る様な発言とか、

SNS上とはいえ悲しくなります。

 

今は一日でも早く普通の

生活に戻るために、

それぞれができることを、

助け合いながらみんなで

実行する時。

 

次男は4月に入ってから

一切外出してません。

 

「そうじゃなきゃ早く

もとに戻らないだろ!」

 

今自分が感染して家族にうつしたら、

会社が危ないって事が怖いみたいです

 

今は世界レベルで起こっている

未曾有の嵐に耐える時。

 

早く過ぎ去る事を祈って、

出来ることをやって、

嵐が去った未来に復活を

誓って我慢すること。

 

みんな苦しいし、

みんな耐えてるから、

お互いを理解し応援し合える

空気が生まれたらいいなと

思っています。