story 62

2021.07.30

 

 

その日も猛暑日でした、、、

 

 

2006

 

 

遂に当時日本最大規模

200坪のGARDEN

オープンします。

 

 

ビルの表には壁一面を埋め尽くす

お祝いの花が並びました。

 

 

50人が輪になって

朝礼がスタートした時、

 

ここに至るまでの様々

な想いが一気に込み

上げていました。

 

 

あの日のことは生涯

ずっと忘れないと

思います、、、

 

 

 

とは言え、美容業界の歴史に残る

様な問題を起こしてのオープン、、

 

 

業界からは

「触らぬ神に

祟り無し、、」

 

的な冷ややかな空気も感じて

いました(笑)。

 

 

もともとポジティブというより

楽観的なところもあり、、、

 

 

「とにかく何とか

なるさ!」

 

 

的な感じで、まずはオープン

できた達成感でいっぱいでした。

 

 

 

ところがそんな甘くは

ありません、、

 

 

 

 

当時は今の様なWEB

SNSなどは無く。

 

 

さらに当時くらいから

「個人情報保護法」

なるものでカルテなどの持ち

出しも一切出来ず。

 

 

お客様への連絡はそれぞれの

スタイリストの口頭。

 

 

僕たちのお客様に至っては、

次のお店など伝えることも

できなかったために、

お客様自身で見つけて来て

くれる状況。

 

 

初月の売上げは散々

たるもので、、

 

9,10月と経過して

行きますが、

なかなか売上げは

向上して行きません

でした、、

 

 

 

そうなると士気が落ちるのは簡単、、

 

お店もスタッフも暇に

なると悪循環しか

生まれません。。。

 

 

 

どんなに凄いお店に

移ったとしても、

そんなことは人は

すぐに当たり前に

なるものです。。。

 

 

そしてお客様が少な

ければテンションが

下がるのも美容師

性(笑)。。。

 

 

 

ただこの時はすでに自分は経営者。

 

売上げが伸びないこと

は資金繰りに直結し、

設備投資で目一杯

だった自分たちには

「運転資金」など

ほとんど無く。

 

僅か数ヶ月で青ざめて

ました、、(笑)

 

 

 

ただそういう時って、

「売上げ!」

みたいに言っても美容師のみんな

には伝わりにくくて、、

 

 

だからスタイリスト全員を

バックルームに集めて、

 

 

「可愛いデザインを

作らなきゃ!!」

 

 

「いい仕事をしよう!」

 

 

「みんなの実力なら

必ずお客様は増える

から!」

 

 

みたいに鼓舞してました。

 

 

 

不思議なもので、そうするとお客様

が何となく増え始め、、、

 

 

ちょうどオープンに合わせて取材

して頂いた雑誌などが発売し始めて、

それを見た新規のお客様や連絡の

取れなかったお客様などの来店が

増えて、少しずつ売上げは伸びて

行きました。

 

 

こうして40歳の遅咲き

の経営者一年生が

スタートします。

 

 

 

 

 

それからちょうど15年が経過し。。。

 

 

 

コロナと業界構造の

転換という

美容業の経営者に

とって厳しい現実と

大きな変化が求め

られている現在です。

 

 

 

従来型の教育サロンからは

スタイリストが抜けて。

 

若手が育たず、採用も苦しいと

いった声や相談が沢山有ります。

 

 

そうすると手っ取り早く、

まずは値下げで集客

すること。

 

採用条件を限りなく

良くして行くこと。

 

また資金に余裕が

あれば利益が上がり

やすいビジネスに

投資して行くこと。

 

 

経営者というのは

様々にもがいて

行くものです。

 

 

そしてそれはどれも

間違いでは

ありません。

 

 

 

 

ただ自分の経験上、

絶対的でシンプルに

言えることは、、、

 

 

どんなビジネスで

あろうと、

 

根がしっかり張ら

れて、ちゃんと栄養を

吸い取れて、その栄養

を血液のように流す

幹や枝がなければ、

花は咲かず実は

実りません。

 

 

 

同じ目的や価値観を

共有できる「理念」

という根から、

 

その風土みたいなもの

脈々と現場の

スタッフたちに栄養

として行き届かせる

幹部。

 

 

まずはここがしっかりしていないと、

ワンシーズンは綺麗な

花を咲かせても、

年を重ねて大きな実り

のある大樹には育ち

ません。

 

 

 

一瞬台風や自然災害ですべて

実が落ちてしまったとしても、

「根が腐らず」

「幹がしっかりして

いれば」

必ず花を咲かせて

実を実らせるものです。

 

 

どれだけ時代が変わ

ろうと。

 

ITやAIが物を選ぶの

ではなく、選ぶのは

「人」であるお客様や

消費者です。

 

 

同様に組織の関係性

や形が変化しようとも、

組織を作って行くのも

「人」です。

 

 

そんな「幹となる幹部」

を大切に育てて

いくこと。

 

 

それが今一番経営者が大切に

することで、すでにそんな人たちが

いるのであればきっと大丈夫

なんじゃないかなぁ。。

 

 

こんな経緯で生まれ15年を経た

GARDENには、

太くて強い幹たちが

沢山います。

 

 

この15年の中で、経営者としては

様々に反省や後悔の連続

でしたが。。。(笑)

 

そこだけは胸を張って

自慢できます。