story 60

2021.07.15

 

 

 

ゼロから

『日本一を目指す

と駆け抜け

 

 

社会や時代までを

動かして来た

ACQUA

 

 

 

運命的な出会いに

よってその激動期に、

一番近くで全てを

見て経験させて

もらったことで、

美容師としての

自分の人生は大きく

変わりました、、

 

 

今さら自分たちに正義があった

なんて思っていません。。。

 

 

 

ただ何度も言う

ように

GARDEN

の生まれた背景を、

今GARDENに

いるスタッフたちに

知ってもらうことが、

これからの未来の

ためにとても重要

だと思い書き

綴っています。

 

 

 

GARDENは単に

僕と森内と加藤が

思いを持ってスタート

しただけでなく

 

 

様々な経緯があった中

ほぼ全てのスタッフ

の決意と行動のもとに

生まれたお店です。

 

 

 

ワンオーナーのスタートで

あれば良くも悪くもワンマン。

 

 

 

経営理念も何もかもまずは

トップの理想で全て決めればいい。

 

 

 

でも僕たちの場合は

50人のスタッフ

が大きな夢に掛けた。

 

 

そんなそれぞれの想いに答える

様な

「大きな理想や

ビジョン」

が必要でした。

 

 

 

 

『みんなの夢の

公倍数』

 

 

 

それぞれに違う夢を持っていて

もその全てが交わるところ、、

 

 

 

それくらい先にある

それくらい大きな

目標を掲げないと、

50人が掛けてくれた

ことには答えられない。

 

 

そんな想いを胸に

焼き付けてオープン

以来ずっと今まで

やって来ました。

 

 

 

NUETRALから

GARDENオープン

までの下り

だいぶ長くなり

ました、、(笑)

 

 

 

それだけこの時期、

僕にとっても大きな

人生の分かれ目で

 

なおかつそれだけ

多くの人を巻き込み

GARDENは

生まれました。

 

 

 

GARDEN

これからを伝える

には

 

 

GARDENどう

やって生まれたのか?

はとても重要な

ことです。

 

 

 

また僕自身も当時を

振り返ることで、

忘れかけていたこと

が鮮明に蘇ります。

 

 

 

14年間経営者として過ごして

来た中で変化して来たことや、

現実に54歳を越えた価値観の

変化があるのは事実です。

 

 

 

若さ故のアンチは、

現状への不満を

ビジョンとして芽を

出すパワーには

なっても

 

 

時間の経過と組織

拡大においては、

熱き想いだけでは

済まされない問題も

起こり、

 

そんなことを

スパイラルの様に

繰り返して行く

ものです。

 

 

 

その中においても

揺るぎないこと、、

 

 

 

GARDENが存在

して来た意味と

これからも存在する

意味。

 

 

なんか段々くどくなって来た

ので話しを進めます(笑)。

 

 

 

 

話しが前後しますが、、、

 

 

ようやくアイスバーグが借り

れる様になった時に、

スタッフたちにまだ手付かず

のお店を見てもらいました。

 

 

 

200坪で6m天高が

あるとほぼ体育館

です(笑)

 

 

 

 

大きなガラス窓から広がる

景色や、その広さにほとんどの

スタッフはキャッキャッして

いましたが、、

 

 

 

 

幹部のメンバーからは、

 

 

「こんなの無理

過ぎです、、」

 

 

「リスクが大き過ぎ

ます、、」

 

 

「みんなで一緒に

やれるなら、

最初は掘立小屋

だってよかった、、」

 

 

「そうやって

ないところからまた

作り直す事が

大切なんじゃない

ですか、、」

 

 

 

 

他のスタッフと同じ様に喜んで

くれると思っていたら、そんな

反応が返ってきました、、

 

 

 

そこまでこれからの

ことを考えてくれて

いるんだ、、

 

 

あらためて、そんな

みんなを幸せに

できる様なお店に

したい!

 

 

そんな風に思い

ました。

 

 

 

結局、、

当然後にも引けず引くつもりも

無く(笑)。

 

「大丈夫!

これくらいのお店、

年でいっぱいに

できるから!!」

 

 

そう言って強引に終了

しました(笑)。