story 55

2021.06.29

 

 

そこからは実現に向けて様々な

方法を検討しました,、、、

 

 

フロアを分けて共同で

出店してくれるところ

も探しました。

 

 

天高な分、

半分くらいを層に

して坪単価を下げよう

としたり、、(笑)

 

 

 

最終的には、3~5年間の中での

家賃変動型で、

初期の投資金額をなるべく減額

してもらうということでなんとか

融資などの調整も出来ました。

(とは言っても無謀な

くらいの投資金額

でしたが、、)(笑)

 

 

 

もしかしたら当時そこまで盛り

上がっていたのは自分だけで、

森内と加藤は多分もっと

保守的

に考えていたかもしれません、、

 

 

 

自分が主役かの様に話して

いますが、

GARDEN

自分一人で立ち

上げた訳では

ありません。

 

 

以前からの何となくの先輩後輩

関係の継続の中で、

NEUTRALという経緯が

あっての運命の様なGARDEN

出店は、

彼らがよほど自分を

認めて(諦めて!?

(笑)くれたから

実現できたんだと

思っています。

 

 

 

ACQUAの時代からたまたま

なのか?必然だったのか?

人という組み合わせでうまく

やって来ました。

 

 

 

「ビジョンと推進」

 

 

「クリエイティブとPR」

 

 

「内部コンセンサス」

 

 

ざっくりこのつをそれぞれが

自然と受け持ち、

バランスよく機能することで

それぞれが最大限の動きが

でき機動力となってきました。

 

 

 

僕たちも自然とそうなり、

やはり同じ様に役割を分けて

機動力を発揮してきました。

 

 

いずれにしろ、、、

自分一人では

成せない

「目標の共有」と、

 

自分に足りない能力

を持つ

「相手を尊重し

思いやる」

という事が大切

になります。

 

 

そういう意味でも『チーム』という

考え方は大切で。

 

 

 

それぞれの得意な

ところを生かして、

 

「足りないところを

補い合うからチーム

がパワーを生む」こと。

 

 

 

もう一つは自分の

強みを生かすことで

 

「自分の可能性を

広げる」ということ。

 

 

人生に何か目標を持つなら

(持った方がいいと思いますが

昭和の老害は、、)(笑)

やはり自分一人では成せないし。

 

 

大きな目標ほど

多くの人に応援される

様な自分にならないと。

 

 

 

 

そのためには

 

「まずは自分から

相手を思いやる事」

 

GARDENのスタッフ

には一番大切にして

ほしい事だと今でも

思っています。