story 49

2021.06.21

 

 

to neutral

 

 

表参道の通りを

越えた反対側に

30坪の店舗目

をオープン

させます。

 

 

この頃は現副社長の河野も

デビューして、ちょうど売上げも

すごい勢いで伸びていた時。

 

 

彼を店長に抜擢して、

メンバーも敢えて自分

たちを除いた若手

メンバー中心。

 

 

そんな現場の

スタイリストが中心

なって、

人事や店舗名

なんかを決める

こともこの時代

では考えられ

なかったことで、、、

 

 

 

本来であれば全て

トップダウン(笑)。

 

人事やコンセプトもトップが

決めて、箱に人を配置する

のが当たり前でした。

 

 

そんなことも全て結果的には

上手く行き、二店舗になっても

売り上げは順調に伸びて

行きました。

 

 

「お客様視点の空間

や環境作り」

 

「生産効率を上げる

ためのチーム制や

レセプションの

ポジションと役割」

 

「スタッフ成長を軸

としたビジョンや

出店計画」

 

「風土作りのための

イベントや教育」

 

 

 

 

今であれば当たり前なことも、

この頃はあまりそれらを発信

する人も少なく。

 

 

この時期はそんなことを業界紙で

紹介してもらったり、

「経営セミナー」なんかも沢山経験

させて頂き、

一端の優秀な経営者

のごとく扱われて

いました(笑)

 

 

 

ただし当時はまだ僕は経営者

ではなくて、子会社のあくまで

責任者のような立場。

 

 

 

自由に経費が使える

わけでもなくすべては

自腹(笑)

 

 

それでもお店をよくするための

装飾品を買うとか、

スタッフにごちそうするなんて

ことは当たり前だと思っていて。

 

 

一度40人くらいのスタッフ全員を、

ホテルの鉄板焼きにご褒美と

勉強を兼ねてつれて行った時には

~0万という金額を

自腹で払いまし

たが、、(笑)

 

 

不思議と全く違和感

がないどころか、

「そんなの当然!」

だし、

「それくらいできてる

自分がかっこいい」

くらいに思って

いました(笑)

 

 

 

そんなことが未だに

「後輩のご飯は

先輩が奢るもの」

みたいにGARDENの風土として

残っているんですが、、

 

 

アシスタント同士だったら同じ

ような給料なんだから、

そんなことはしなくて

いいのに。。。。

と今は思っています(笑)

 

 

 

ちょっと話は脱線しましたが、、、

 

 

 

 

 

この頃地方などに行って、

沢山の経営者の方たちと

知り合います。

 

 

 

僕はそれまで

「経営者になりたい!」

と思ったこともなく、

だから経営の勉強も

したこともありません。

 

 

 

お店の環境作りや

スタッフの未来を

見据えた教育や

出店計画は、

 

「現場の長の責任」

というレベルで考え

実行していたこと

です。

 

 

そんな僕よりも、

正直無責任な経営者

があまりに多くて

驚いたのを、今でも

覚えています。

 

 

 

「会社を興す」

 

 

 

「借金をする」

 

 

 

これが経営者と従業員の違い

みたいに言う方が、

今も当時もほとんどですが、、

 

 

僕はあらゆることに

「自分事」という

責任を持ち、

 

関わる後輩は全て

自分の後輩だと

思えることが、

 

経営者の

スタートラインだと

今でも思っています。

 

 

多くの経営者の方々と知り合う

中で、正直温度の低い経営者が

当時の業界にはあまりに多くて

びっくりしたと同時に

 

「だからこの業界は

いつまで経っても

変わらないん

だろうなぁ」

みたいに思ったりもしていました。

 

 

 

 

 

34歳でNEUTRAL

オープンして

この頃で36、7歳

 

 

 

様々に経験させて

もらい、それを一緒

に実践しながら

成長できる仲間が

いたこと。

 

 

そんな時代の流れに

偶然乗れていたこと。

 

 

色々な巡り合わせが重なった

おかげで、大きな成長をさせて

貰ったんでしょう、、、、

 

 

 

そんな中での結果や、

僕や森内の成長速度と、

上の3人とに微妙なずれが

生じて行きます。。。

 

 

定期的に常にミーティングを

していたけど、

やはり違うブランドで

違うやり方。

 

 

以前の様に毎日何時間も同じ

サロンで顔を合わせるわけでは

ないからなんとなく距離も

できてしまう。。。。

 

 

そんな距離をなくしたくてゴルフを

はじめたのがこの頃です(笑)。

 (この件は以前にも触れ

ましたので、、、)

 

 

 

 

そんな状にあったから、僕も

にわかに経営が

分かったかのように

調子に乗っていた

のかもしれません。

 

 

 

今考えれば、

経営という長いレース

の中では、

右肩上がりの時だけ

でなく、

それは経営者自身の

心持ちや感情にも

波はあるし、

 

常に下から求められる

「理想」ばかりを追い

かけていられない

現実があるし。。

 

 

 

でも当時の僕はそんなことは

理解できず、

 

 

ただただみんなが目指し

付いてきた

「旗を振り続けて

欲しい!」

 

(それ自体が今考えれば

独りよがりだったのかも

しれませんが、、)

 

 

それだけを思っていました。

 

 

そして様々に話し合いはなされて

行きましたが、

最終的には平行線なまま

前向きな話は全て無くなって

行きました。