story 48

2021.06.16

 

 

とにかく

「忙しさとチーム

ワークあれば

必ずスタッフ

成長する!」

 

 

そうやって忙しくなれば

次は出店。

 

 

 

これも色々な考えがありますが、、、

 

潜在的に120%くらいに

なっていれば次の出店が

見えます。

 

 

普通に利益を考え

たら経営者はそう

判断します。

 

 

 

でも人を育てることに

重点を置くと、、

 

 

多少足りていない状況でも、

ちょうど100%だったら二つに

分けたら半分になって利益は

なくなるけれど、、

 

 

やっているスタッフからすれば、

その期待や信頼によってまた

モチベーションが上がる。

 

 

 

「期待する」

 

 

「信頼する」

 

 

 

『可能性を最大限に

引き出す環境』

を目指していた

僕にとっては

とても大切な

考えで、

 

利益よりも将来の

スタッフの成長

のため優先して

店舗出店

を考えてきました。

 

 

この頃から今まで

「期待」「信頼」ということを

大切に経営してきたつもりでしたが、

 

 

それはあくまで

経営側がリードして

あげて、

そのレールの上に

おいてのこと。

 

 

僕の場合は、

限りなく権限を

与えて

貰ったことが

モチベーションと

発想力を

高めたので、

 

みんな同じだろうと

考えてきました。

 

 

つまりなるべく自由に

好きなようにやれる

ことが、

本人たちの

やる気と成長に

繋がるのではない

かと、、

 

 

 

でもそれは裏返せば、

 

目標を見失わせたり、

 

結果的にはスタッフに

依存してしまうことに

なるのだと、

やっと最近少しずつ

わかってきました。

 

 

同じような世代が集まり、

自分が現場に立つ

プレイングマネージャー

ならいいんでしょうけど、

それは経営では

ないということ。

 

 

 

ただ当時はとにかくイケイケで

何しろ僅か70坪で3200万くらい

まで売上げてましたからね(笑)。

 

 

 

実はこのプロジェクトがスタート

した時1、2年で軌道に乗ったら

あとは任せて、

自分はACQUAに戻り、

また新しいプロジェクトを立ち

上げようと勝手に思って

いました。

 

 (周囲どう思っていたかは

わかりませんが、、)(笑)。

 

 

この時もそれくらいACQUA

対する思いや、自分の責任

みたいなことは勝手に思って

いて、、

 

 

そうは思っていたのの、、、

 

自分が教わり与えて

貰ったことを、

自分なりにやって行く

ことで、

NEUTRALやスタッフ

 

 

そして何より自分

自身が大きく成長

して行くことを日々

実感して行き、

 

スタッフに対する

愛着もより深くなって

いきました。