story 47

2021.06.16

 

 

どんなに忙しくでもふざける

ところはふざけて、、(笑)

 

それでも営業中は

厳しく忙しく、、

 

 

 

今の幹部たちが

シャンプーマンだった

頃は、

 

朝シャンプー台に

入ると、営業が終わる

までシャンプー台から

出られず、シャワーの

水を飲んでいた

くらいです。

 

(今ではありえない

超ブラックでしたね、、)(笑)

 

 

そして営業が終わるとみんな

練習が始まりますが、

僕たちは大抵客待ちの大きな

テーブルで打ち合わせか

ミーティング。

 

 

 

結構際どい内容も

全然平気で話して

いたので、

みんな練習どころか

耳がダンボ状態(笑)。

 

 

それが終わると、例の冷蔵庫の中

のお酒を練習してる横で飲み

ながら、練習終わったと思ったら、

 

「じゃあお前ら

飲み

いくぞー!!」

 

そしてまた朝まで、、(笑)

 

 

 

この頃30代半ばだったから、

 

今同じ様に幹部は

そんなことをする

気持ちがよくわかり

ますし、

 

そんなことで問題が

起きても自分も

やって来たこと

だから余り

言えない、、(笑)。

 

 

 

また当時は今みたいなデジタル

はなくて、

超アナログな

「交換日記」ならぬ

NEUTRALノート」

というのを交代で

書いていました。

 

 

 

この中でも

「僕たちの目標は!」

とか、、

 

NEUTRAL

美容師は

どうあるべき!」

とかを散々描き倒します(笑)

 

 

 

 

そうやって徹底的に、

何度も何度も同じ

ことを繰り返して

叩き込んで

行きました(笑)。

 

 

 

でも人って、チョット時間が空いた

だけで、

 

 

「どう思われて

いるんだろう、、、」

 

「ちゃんと見ていて

くれてるかなぁ、、」

 

 

って不安になるものです。

 

 

 

だから

「耳にタコが

できるくらい」

 

 

 

「またその話です

かぁ、、」

 

 

 

って言われるくらいでちょうど

いいと思っていました(笑)。

 

 

 

ちなみに今でもそのノートは大切に

保管していて、何かあった際には

「先輩たちも昔は

こんなだったん

だよ~!」

みたいに使用しています。