story 46

2021.06.07

 

 

とにかく当時はまだ僕も

普通にサロンに立って

いたので、

 

現場でスタッフをまとめ

導くことに必死で

取り組んでいました

 

 

出店する際に必ずその後伝えて

きた言葉があるんですが、、、

 

 

 

「オープンしたその日、

ヘアサロンが全国に

~万軒あるならば

その最下位からの

スタート!」

 

 

「これ以下はない

から!

あとはいつまでに

どこまで昇って

いけるかだけ!」

 

 

 

武道館を終えたACQUAは、

そのあと無免許問題とかが

ありながらも、

ある意味業界の頂点に立ったと、

僕もスタッフたちも思っていました。

 

 

 

 

だからこそ

 

「俺たちは3年で

ACQUAに追いつく!

ダァー、、!」

 

みたいな、、(笑)

 

 

 

 

既存の存在をアンチ

する事で、

まして雑草扱い

されていたメンバー

たちなので、、

 

 

ビジョンとその結束力

を作ることは簡単

でした(笑)。

 

 

 

 

あとは話題性と集客。

 

 

当時はまだ

「女性誌

マーケティング」

 

 

特にそんな仕事をバリバリ

やっていた森内を筆頭に、

一般誌から業界紙まで

徹底的に売り込みました(笑)。

 

 

 

オープンと同時に

「ar」で巻頭10

ページの特集は、

当時はインパクトが

あったと思います。

 

 

 

70坪の店舗だったので、

人でフルに働いてもまだ

かなりゆったり、、

 

お互い外の仕事に出たりして

いたので、一人営業のときは

かなりスカスカな感じでした(笑)。

 

 

そんなオープン初月は900

くらいでしたが、数ヶ月後の12

には、スタッフも成長して、

スタイリストは相変わらず3人

ながらも1600万までに

なりました。

 

 

サロンワークだけでなく、

ほぼ毎日撮影や打ち合わせが

入っていて、

みんなそれでも

朝まで飲んだり

カラオケ行ったりと、

体力の限界までの

毎日を過ごして

いました(笑)。

 

 

 

 

ビジョンのもとに

チーム一丸となって

勢いを持って成長

していく事が、

一人一人を気付か

ないうちに大きく

成長させて行く、、

 

 

まさに自分が教わり

与えて貰ったことを

同じようにやって

いたんです

けどね(笑)。