story 45

2021.06.07

 

 

森内を代表として

僕がサポート、

そして店長という

まとめ役として

加藤の僅か人の

スタイリストで

ニュートラルは

スタートします。

 

 

それ以下のアシスタントは、

当時綾小路さんから

「連れて行っちゃダメ

リスト」が渡されて(笑)、

そのリストに載っていないメンバー

から選びました。

 

 

それぞれのメインアシスタント

だったメンバーはじめ、

希望者というよりは

余り出来の良くない

メンバー(笑)。

 

 

今でこそみなさん

「神様」クラスの

幹部たちですが。

 

当時は自分たちで

ACQUAの雑草」

と言ってた

くらいで(笑)。

 

 

 

そんなメンバーで今までの

ACQUAとはまた違う、

新しい時代のヘアサロンを目指して

ゼロからのスタートを切ります。

 

 

 

「もっと肩の力を

抜いて、、」

 

 

 

「いい意味での

ゆるさとか

フレンドリーさ」

 

 

 

そこから名前を

NEUTRAL』とし。

 

 

セット面や家具も

あえてカフェ風に

しました。

 

 

 

ちなみ今でもGARDEN

ほとんどの店舗が、

このセット面をいまだに採用

しています。

 

 

待ちの時間になる

べくストレスを感じ

させないように、

セット面より待合い

スペースを広く取り。

 

 

 

業務用の冷蔵庫に

エビアンとアルコール

を用意して、いつでも

セルフで飲めるように

しました。

 

 

 

この頃はまだドリンク

を出すところは

ほとんど聞いたことも

なく、

 

「カット中はお客様

には雑誌も読ませ

ない」

というくらいがまだ

当たり前でした。

 

 

 

 

「お客様にとっての

より良い環境」

 

 

 

 

そんな今では当たり前な事でも、

ブーム中の美容師側の勢いが、

そこの視点を濁らせていた時代

でもあって。

 

 

来店された時から

帰れるまでの時間で

お客様はどう感じて

いるか?を想像して、

今までの当たり前を

全て疑うことから

はじめました。

 

 

 

既存のお店や組織から新たな物を

作り上げる時って、

今も昔も変わらずこんな感じなんで

しょうね(笑)。

 

 

 

あともう一つ自分が

拘っていたのは、

スタッフに対する

考え方。

 

 

 

ACQUAでは、

結果を出した強い

ものだけが認め

られるという風潮で、

ついて来れなければ

辞めて行く、、、

 

 

 

でも自分がACQUA

与えて貰った様に

『引き出せる環境』

を作りたい。

 

 

 

 

逆に結果が出せない

スタイリストを作った

のは

 

 

『自分たちの

環境の問題』

 

 

そういう思考で

スタッフと向き合い

ました。

 

 

 

GARDENのセット面は、

昔ギラギラの内装で、

鏡が大きいほど様々

なものが映り込んで

しまい、

 

お客様から

「緊張する、、、」と。

 

 

またそれくらいの

大きさでお客様と

向き合うことで、

 

より

「プライベート感

あるコミニケーション」

が取れる。

 

 

 

そんな風にすべての

物、行動規則、基準

や評価には必ず

「なぜ??」

という理由が

あります。

 

 

 

その意味の根幹に

こそ

「GARDENがどういう

お店でありたいか?」

の重要な意味が

あります。

 

 

 

 

その時は自分もまだ現役

プレイヤー。

 

朝から晩まで休みもなく

プライベートも関係なく

ずっとスタッフと過ごしていました。

 

 

そうやって毎日の

ように、

ことあるごとにそれを

伝え続けました。

 

 

 

それができなくなって

いくような時、、、

 

どのように伝えられる

人や仕組みにかえて

いくのか?

 

 

 

これが経営の重要

なことだと思って

います。

 

 

 

GARDENの皆さん、

そんな風にすべてのことに

「なぜそうするのか?」

っていう意味があるんですよ。