story 44

2021.06.07

 

 

「無免許問題」の

その後は、、、

 

 

 

週刊誌やらマスコミに散々叩かれ

謝罪会見までしました。

 

 

損害賠償みたいな話にはなりません

でしたが、様々な仕事に影響が及び、

その謝罪や火消しに回る日々が

続きました。

 

 

ただ一番驚いたのは、

お客様からの批判や

非難は全くありません

でした、、

 

 

それどころか、

応援してくださる声が

多く売上も全く影響は

ありませんでした。

 

 

その時もやはり美容師

にとって、自分たちを

最後に支えてくださる

のはお客様なんだ

ということを改めて

痛感させられました。

 

 

とは言っても、僕も当事者、、

 

要は「無免許」(笑)、、

 

 

 

事件発覚までは、

か月先まで予約が

ビッシリでしたが

全てお断りしました、、

 

 

 

 

ただ中には「だったら、、」と言って、

当時僕のメインアシスタントだった

GARDEN TOKYOトップの

西山さんにお願いしたい!と。

 

 

「じゃあ西山やっておいてよ!」

 

 

と、当時アシスタントだったのに

僕のお客様を営業中担当して

ましたから。

 

 

本人の器量もそうだしそれを

やらせていた環境も当時ならでは

でした(笑)。

 

 

 

結局数ヶ月

「謹慎期間」(笑)

みたいな期間を

過ごしましたが、

今考えれば

「良く給料を貰え

ていたなぁ、、」

と感謝しています。

 

 

そうしてブームは終わりましたが、、、

 

 

自分たちが目指す

理想のACQUA

具体化して行く

ために。

 

 

またこの頃森内に独立願望も

芽生えていて、ACQUAだけで

ない新しいブランドを作るという

プロジェクトが動き出します。

(どこかで聞いたことある

様な、、)(笑)

 

 

 

ちょうどタイミングも良くこれから

建設する案件があって、

共同で事業化する事で賃料コスト

かなり下げらて出店できる

みたいな話しが入って来ます。

 

 

 

この件に関して自分が担当させて

もらい、通常の賃貸借の契約とは

だいぶ違い時間もかかりましたが、

交渉や契約、法務や

会計といった様々な

ことを勉強させて

もらいました。

 

 

 

プロジェクトから約年近く、、

 

 

 

遂にACQUAのニューブランドが

出来上がります。

 

 

それがGARDEN

原点となった

NEUTRAL

 

 

これが僕のまた新た

なる人生の岐路と

なって行きます。