story 43

2021.06.02

 

 

この辺までが高校を卒業してからの

13、4年間くらい。

 

 

今思い出しても、

ただ夢中に脇目も

振らず全速力で

ひたすら走って

いました(笑)。

 

 

 

何の目標もなかった田舎の若造が、

ヒョンなことから美容師の道へ進み、、、

 

 

確かに大変な時期や努力もあったん

でしょうけど、

それ以上に出会いや

運や時代の流れに

乗って、、

 

 

美容業界の激動の

時代の真っ只中で、

 

その台風の目の様

ところで様々な経験

をできたこと。

 

 

今振り返れば、

「自分は本当に

恵まれていたん

だろうなぁ!」

と思っています。

 

 

 

 プライベートでは結婚もし、

待望の長男も生まれていました。

 

 

この20代がなかったら、

当然ですがその後の3、4、50

はあり得ませんでした。

 

 

 

人は、、

 

自分が望むところへ

引きつけられて、

望む様に人を

引きつけて行く。

 

 

 

その時は楽しい

こと、悲しく辛い

ことでも、

それもきっと自分が

引き寄せている様に

感じます。

 

 

そしてその延長に

未来がある。

 

 

 

若い人達に伝えて行きたいのは、

自分の可能性なんて

実は無限かも

しれなくて。

 

 

その可能性を

引き出してくれる

様な環境や人と

出会うこと。

 

 

 

今それが無いなら

自分から見つけに

行けばいい。

 

 

 

人は頭の中に描けた

ことは実現できる

可能性が高いと思う。

 

 

 

それを描ける様なメンターや先輩や、

環境に足を踏み入れる自分の

勇気と勢いを持つ。

 

 

 

最初はみんな弱くて自信がないから

「自家発電」できない。

 

 

だったらエネルギーの

ある人のもとで、

最初はエネルギーを

与えてもらう。

 

 

 

そうやって少しずつ経験を積んで

自信を持って、

「自家発電」できる様に

なったら、今度はそれを

周りに与えて行く。

 

 

 

 

『運命』

 

 

みたいなことも

この歳になれば

少し感じるけど。

 

 

その運命を切り開いて

行くのも自分次第。

 

 

 

若い時なら体力と時間は

あるはず(笑)。

 

まずは考えるより

経験の「量」。

 

 

 

「経営者」としてではなく、

「人生の先輩」として言わせて

貰えば、

 

 

「とにかく今は

必死に」

 

 

「人が遊んでいる

時も寝ている時も」

 

 

「やっておけ!!」

 

 

そうすることで

「何かに導かれる」

 

 

そんな「人と廻り合う」

 

 

そうやって自分の

運命が変わっていく。

 

 

経営者としての僕の見解で言えば、

全てのGARDENのスタッフに

これを望んでるつもりではなく、

誰でもそんな可能性

を秘めているということを

わかってもらいたいということ。

 

 

あくまで先輩としてのアドバイスで

押し付けではないですよ~(笑)。