story 38

2021.05.20

 

 

目の前には大きな

噴水がある「コの字型」

のガラス貼りの

120坪の空間。

 

スタートと共に

レセプションカウンター

に予約のお客様が

三列に並び、

外には全国から見学

に来た美容師さん

たちのギャラリーが

毎日絶えない。

 

 

 

その時代を知らない美容師さんたち

には想像できないだろうけど

ACQUAの日常はそんな感じでした。

 

この時点で1995、6年あたりだから、

今年の新入社員はまだ生まれて

いない時ですね(笑)。

 

 

 

当時のスタイリストは

とにかくみんな

凄かった。

 

森内は800万もの

売上げを7年間一度

も落とさなかったし、、

 

 

まだ全然OPERAがメジャーじゃ

無かったの頃、

 

SHIMAとかピークアブーと言った

有名店はなんで凄いんだろう、、?」

 

「なんで有名店はずっと

有名なんだろう、、?」

 

みたいによく話していました。

 

 

 

その時は「技術」とか

「デザイン」とか、、

悔し紛れに色々言ってたけど(笑)。

 

 

 

それも実は単純明確で。

 

 

 

『凄い人たちのもとに

凄い人が集まる』

 

 

『そうやってまた

凄い人が新たな

時代を牽引して行く』

 

 

それだけだとその頃わかりました。

 

 

 

その後も活躍している様なメンバーが

スタイリストとして凌ぎを削りあっていて。

 

あまりに席がなくて外にテーブルと

イスを出して客待ちにしたり、

それでも足りなくて噴水のレンガに

座ってもらっていた(笑)。

 

 

毎日お客様が絶えない中で、

朝から撮影や取材やセミナーで

それぞれが全国を飛び回り、

それでも朝まで飲み

まくったりと、、(笑)

 

 

喧嘩みたいなことも

しょっちゅうだったけど、

それぞれにユーモア

もあって。

 

ふざけたり遊ぶ時は遊び、

なんだかんだ仲良く楽しく

やっていました。

 

 

 

まさに前しか見てない

勢いのあるサロン

そのもの。

 

 

 

その勢いは更にテレビでも取り上げ

られて、「アド街ック天国」で原宿の

位に選ばれた時には結構びびり

ましたけど(笑)。

 

 

最近の「アド街ック天国」でもSNSで

すごいヘアサロンが紹介された

みたいで、20年経っても当時

みたいだなぁと思ったり、、

 

 

他にもドキュメンタリー

やニュースと連日の

ように取り上げられて、

テレビカメラが入って

くることも当たり前の

様になって行きました。

 

 

 

まぁ今考えれば、その時は完全に

調子に乗っていたのかも

しれませんが、、、

 

でもみんな本当に必死で、

一生懸命やっていたのは

紛れもない事実です。

 

全国のどこの美容師

よりも前向きに寝る間

も惜しんで。