story 37

2021.05.20

 

ACQUAはどんどん

加速して行きました。

 

 

女性誌の仕事はもちろん

業界誌の取材やらセミナー

ヘアショーやら、、

 

お客様もスタッフも

増えて拡大し続け

ました。

 

この頃池田、森内も店長となり、

綾小路さんや野沢さんが

どんどん外へ攻めて

行くのを追いかけ

ながらも、

内側をなんとか形に

して行くことも

同時に要求されて

行きます。

 

それまで実はあまり本を読んだ

事がなかったんですが、何かを

得たくてこの頃から本を読み

始めます。

 

 

読み始めると面白くて!

それこそ寝る間も惜しんで

本に没頭していきました(笑)。

 

 

そして悶々としていた

自分がある答えに

辿り着きます、、

 

 

 

『前髪を僅か数ミリ

変えるだけで女性の

人生は変わる』

 

 

『美容師は

ヘアデザインで

人に感動やパワーを

与えることができる』

 

 

『髪をデザイン

する事は

豊かさの象徴

であり、

お客様の人生を

豊かにする事で

社会に貢献している』

 

 

そうやって初めて

美容師という職業に、

「憧れ」だけでない

「価値」や「プライド」を

見出していきました。

 

 

 

 

そして更に、

 

『日本一になって業界を変える!』

 

というACQUAのビジョンにおいても。

 

 

 

自分が「やりたい事」

「役割」は

「スタープレイヤー

ではなく

「裏方のマネジメント」

 

 

ACQUAという大作を

みんなで作り上げる

ために自分ができる

役割を演じ、

いつかそんな大きな

目標を達成させる

こと、、

 

今までこの業界に

なかったブランド、

企業になって、

もっと社会に良い

影響を与える。

 

 

社会や業界に

貢献できる様な

組織を作り上げる

こと。

 

 

そんなことに初めて

「自分の人生を

かけてみたい!」

と思うようになり。

 

 

 

そうやって自分の

なすべきこと、

 

つまり『使命』

みたいなものを

感じて行きます。

 

 

「自分がやりたい事は

シンプルに自分だけ

の為ではなくて

みんなの幸せ

の為、、」

 

当にカッコつける訳ではありません

ストンと腹に落ちました。

 

 

 

その頃にリクエストQJで取材して

頂いたことがあります。

 

今でも大切にとっておいてありますが、

「軍師月に吠える」

という題名でまさにその時の

自分の中のビジョンが記させて

います。

 

 

今読むと

「なんてでかいこと

言ってんだろう、、」

とかなり恥ずかしくなりますが、、(笑)

 

 

あくまでこれは自分の内面の心の

整理がついただけで、

当時の行動が伴っていたかは

わかりません、、

 

 

 

調子に乗って驕って

もいただろうし、

誰かを傷つける様な

ことも沢山した

だろうし、、

 

イヤな奴とか思われて

辞めて行った人も

沢山いただろうし。

 

 

当時は余裕もなく上手く表現は

できていなかったかも

しれないけど、、、

 

とにかく自分の中でのモヤモヤは

晴れて進むべき道は明確になりました。

 

 

そしてあのブームが

幕を開けて行きます、、