story 36

2021.05.16

 

今でこそ話せますが、、

 

OPERAは当時オーナーが別にいて、

他にアンクインターナショナルという

SIHMA系出身の方達のブランドと

2つを運営していました。

 

現在表参道のシャネルのビルの

所に、昔は一階にカフェがあって、

そこをステージに、

日曜日の歩行者天国

の時に、

表参道と原宿駅から

数十人のモデルさん

が横一列に歩いて

きて、そのカフェの

ステージでヘアショー

がスタートする。

 

そんな今までに

なかった斬新な

イベントなんかも

やっていました。

 

オーナーは過去美容師経験もあった

そうですが、山梨のリニアで不動産業

を起こし、業界に新しいブランドを!

(今でもよく聞くような話ですが)(笑)

ということで始めたらしいです。

 

ところがそのオーナー失踪し、

大分後になって事件に巻き込まれて

亡くなられるということがありました。

 

当然その後様々にごたごたも

ありましたが、、、

 

普通の美容師だった

経験できないこと

様々に経験させて

もらいました。

 

 

 

 

そんな色々を経て

OPERAからACQUA

と名前も変わり移転

拡大して行きます。

 

 

その頃、加藤

フラワーズの高柳、

ノラの広江、

アラの角やちはる

など、他にもモチベーションの高い

メンバーが沢山集まってきます。

 

 

とは言ってもみんな実力もある

自分勝手でバラバラ、、(笑)

 

 

殴り合いの喧嘩やら

クラブ行って頭割られ

たりとか、、

 

とにかく毎日が

破茶滅茶でした。。

 

 

それでも美容に対してはみんな

真剣で、デザインや技術に対する

拘りはとても強くて、また将来の

ビジョンなんかも毎晩のように

朝まで語り合いました。

 

 

そんな中で

「自分の役割は

何か?」

ということに悶々と

して行くように

なります。

 

 

 

とにかくこの当時は

売上げ至上主義で結果を

出さなければ誰からも認め

られない、、

 

ただ自分は本当に

それがしたいのか、、?

 

 

 

『日本一を目指す』

という圧倒的なビジョン

が、スタッフを、また

業界までをも

突き動かし、、

時代の波にも乗って

どんどん加速して行く。

 

 

 

 

その流れに乗ってお客様も増え

売上げも上り、収入もビックリする

くらいに増えました。

 

最初のジャガーを

買ったのもこの時期

だし、どこかで調子

に乗ってたのも

事実です。

 

 

その車で以前働いていた、

厚木の日産プリンスを訪ねた

ことがありました。

 

「絶対成功する

はずがない!」

と言われたことに

対して、

 

「ここまでなったぞ!」

的な気持ちがあったん

だと思います(笑)。

 

 

でも知っている人は誰一人

いませんでした、、、

 

特にそれ以上は聞かなかったけど、

なんか複雑な気持ちでした。

 

 

この頃、自分なんかにもメーカーさん

からセミナーを与えて頂いて、

それまでの人生で実は新幹線や

飛行機すら乗ったこともなく。

 

関東から出たのも高校の修学旅行

くらいだった自分も、地方へセミナー

に行くようになりました。

 

 

新幹線から見る

地方の田園風景

とかを見ていて、

 

 

毎日の忙しさに追われ

てやっていることに

どんな意味があるん

だろう、、

と考え始めます。

 

 

 田園風景をで働く人たちを見て、

「食」とか「社会インフラ」

とかわかりやすく社会に貢献していて、、

 

 

 

決してカッコつけるつもりでは

ありませんが、、、

 

 

 

それに比べて人の生活や社会に

おいて、自分たちがやっている

「美容師」という仕事、

 

 

ましてその業界に

おいて

『日本一を目指す』

ということが、

何の意味があるん

だろう、、

 

 

「僕たちは世の中に

何を貢献してるん

だろう、、?」

そんな風に考える

様になって行き

ました。

 

当時の僕は、急激な環境の変化に

耐えながら、それによって大きく

変われたことと同時に、

その成長に精神的な

成長が伴わず

いろいろ考えてしまったん

でしょうね。。

 

でもそれはとても

贅沢なことでは

あったんでしょう

けど(笑)