story 35

2021.05.16

 

作品を作っても

下手、、

 

何か次の仕事が

取れる訳でもない、、

 

やってきた幅が

狭いから全てに

頭が固い、、

 

 

とにかくこの時期は、

今までの人生と

人格を「全否定」

されるくらいに叩き

のめされました(笑)。

 

 

人ってどうしても過去の成功例

にしがみつきがちで、、

 

中途入社のスタッフ

自分の弱い所を克服

するために転職して、

 

「以前の自分を

変えたい!」

と言っていても

結局弱い所を

変えれずにいる、、

 

 

みたいなパターンがよくあるけど

自分も一緒でした、、(笑)

 

 

以前のお店でやって来たことや

上手く行っていたことに拘ったり、

その程度の経験の枠でしか

物事が考えられず、、、

 

そんな程度だったので、綾小路さんとは

ぶつかり合う時期もありましたが(笑)、

そのうちに少しずつ

『本質的なこと』

に気付かされて行きます。

 

 

「根本的に違って

いた」ってことを、、

 

「目指しているレベル

が違っていた」って

ことを、、

 

「どうやったら

女性誌で素敵な

デザインを

打ち出せる!?」

 

「どうやったら有名

になれる!?」

 

 

僕は何か「やり方」が

あってそれを身に

着けたいと思って

いました、、

 

 

 

 

多分。。。

 

 

一つ抜きん出る人たち

とそうでない人達との

大きな『差』はここに

あって。

 

「方法」とか「ノウハウ」

を求めている時点で

違っている。

 

 

 

大きな目標や夢を

達成したいと思う

エネルギーが

有れば。。。

 

 

それが大きくて強い

ほど「方法」も

「ノウハウ」

目標を達成させる

ために必要として

生み出された産物。

 

 

 

あくまでそれは

「プロセス」で

乗り越えるのが

当たり前であった

んだと。

 

 綾小路さんや野沢さんと出会って

あの時期を一緒に過ごせなかったら、

僕はきっと今だにその意味も

わからない程度の人生を送っていた

かもしれません。。

 

 

人はなかなか

自分では変われない

ものです。

 

でも周囲にそんな大きな影響

を与えてくれる人がいたり、

そんな環境に身を置けば

少しずつ変わることができます。

 

 

全人格を否定される

ほど怒られたり

しながらも(笑)、

そうやって僕も感化

されて少しずつ変化

して行きました。