story 34

2021.05.16

 

 

綾小路さんや野沢さんは、当時から

女性誌の編集さんや

ライターさんにパイプがあり、

すでに女性誌でも取り上げられて

いました。

 

ただ当時の女性誌は美容室の紹介は

ほとんどなく、アイドルやモデルさんの

ヘアが紹介される程度でした。

 

そこへ

「もっと読者が共感

できるヘア企画を

やるべきだ!」

と企画を持ち込み。

 

ちょうどその時代に

団塊ジュニア世代

と言われる我々世代向けの女性誌が

沢山出版されて行きます。

 

『読モ』の元祖の様な存在も

その頃出て来て。

 

読者にとって

「共感できるモデル」

「共感できる企画」

が噛み合うと、

大きな影響となって

新規のお客様が

凄まじいほど来る様

になりました。

 

 その頃に店舗目を出店し、

森内、池田

と言ったメンバーも入社し。

 

自分は早くもその店舗目で

店長になりますが、、、

 

小さなお店では

受け付けられない

くらいの新規の

お客様が殺到して

行きます。

 

更にいわゆるビフォーアフターという

企画も大当たりして、、

 

とにかく朝から撮影。

 

営業中は溢れる

新規のお客様。

 

夜は深夜まで

打ち合わせなど、、

 

まだまだ自分はついて行くことで

必死でした(笑)。

 

 

 

この後

「赤本時代」言われる

 

「JJ」

「VIVI」

「RAY」

「CAMCAN」

の時代が来ます。

 

これらの雑誌に載ることで

爆発的に新規のお客様が

来店しました。

 

 

この後のカリスマ世代、

今も業界で活躍して

いる有名美容師さん

達は、みんなこの時期

に何かしらの赤本で

活躍してたと思います。

 

 

またそれまで業界の中では

「一般紙に出るのは

ダサい!」

みたいな価値観がありましたが、、、

 

一気に吹き飛びましたね(笑)。

 

 

この頃も時代の流れや変化とともに、

古い体質ややり方に

変化をもたらし、

次の時代に乗って

行った人たちが

その後の時代を

リードして行きました。

 

 

今もそれくらいの

大きな変化の時。

 

新しいものが生まれてくるスピードに

負けないくらいの変化をしていかな

ければ、時代に取り残されていくこと

は確実です。

 

 

あんな時代を経験

できたからこそ、

いま危機感を持って

そう言えます。