story 32

2021.05.12

 

 

当時はただ必死な

毎日でした(笑)。

 

 

まずはお客様がほとんどいない

状態からのスタートだったので

暇な時は今で言う「客ハン」

もしていました。

 

でも多分当時そんな

事をしていた人は他

にはいなくて。

 

自分も誰かを真似た訳ではなく

セールス時代の当たり前な感覚が

残っていて、

「とりあえず暇で

お客様いないの

なら、なんとかして

連れてこよう!」

それくらいの気持ちでやって

いました。

 

声の掛け方も自分なりに工夫

したり。

 

ただ当時はそんなことしている

人が原宿界隈でもいなかったので、

意外と簡単に来店

してくれました。

 

これもずっと後になって、、、

 

練習や撮影のためのモデルさん

声を掛けるのはありましたが、

お客様として来て

もらうための「客ハン」

という行為が当たり前

になって行ったのも、

この時代の話しを

後輩たちにして、

そんなことをみんな

同じようにやって

行ってGARDEN

でも風土化して

行きました。

 

必ずお客様がいないデビューした

ばかりの時期に、

GARDENのスタイリストは

この「客ハン」を当たり前にやって

苦しい時期を過ごし

ましたが、、

 

逆にそこまでやったからこその

強さも身についたのではないかと

思っています。

 

それもまた時代は

変わり、、

 

SNSでの集客が普通な今では

考えられないことですし、まして

このコロナで大きく変わって

きています。

 

でも自分がそんな

ことをしていたのは

僅か数ヶ月。

 

なぜならその後は、

新規のお客様で

全ての予約が

埋まってしまう様な

状況になって

行くからです、、

 

 

そう女性誌の時代が

スタートして行きます。