story 33

2021.05.12

 

美容師は素敵な

デザインを作る

スタイリストに憧れ

を持つからこそ

美容師を目指す。

まさに自分もそうだったし、、)

 

そんなレベルの高い

スタイリストさん

だからこそ沢山の

お客様から長年

支持も頂ける。

 

そしてそんな憧れ

人の元で働きたい

思い、

また価値観の合う

仲間達と、自分たち

の理想とするお店を

作りたい思う

もの、、、

GARDENはそれを実現していき

たいとは先に話しました。

 

話しを戻しますが、

 

僕が

「前の店には

もう戻れない、、」

と伝えたところ、、、

 

信じられないかも

しれませんが、

人のスタッフが

お店を辞めて

OPERAに入社

してきました。

 

結局それぞれ数年後には辞めて

行き、今はたまに連絡を取り合う

のは一人だけですが、、、

 

だから経営が上手い

下手とか、、、

利益が多い少ない

とかよりも、

そういう「人の想い」

を大切にしたいと

思ってやって

きました。

 

しかし、、

 

『憧れ』

 

『情熱』

 

『想い』

 

『気持ち』

 

こういうワードは、

創業時の結束など

ではとても重要

だけど。

 

目に見えない

ふわっとした「感性」

「感情」などで左右

されてしまうのは、

「経営」では

ありません。。。

 

それがわかっていても、

自分がこの業界と廻り会えて

今も幸せな人生をおくれて

いるのは、

間違いなくこの業界

への『憧れ』からの

はじまりで。

 

同じような気持ちで

美容師になった後輩

たち。

 

同じような気持ちで

これからこの業界に

憧れを持つ子供達。

 

彼らのためにもそんな

『憧れ』や『情熱』を

持ち続けても発展

できる組織。

 

今までの様にいつか

独立せざるを

得ない状況を変革

して、独立しなくても

いい組織。

 

そんな会社にして

いきたいと思い

GARDENをスタート

させました、、

 

 

でもすでに14を迎えて、

全くそんな組織に

なっていない事に、

自分自身の能力の

無さを悔しいほど

感じます。

 

 

50歳もとうに過ぎて残された

時間も限りがある中でも、

そんな矛盾していて

融合が難しい組織、、、

 

まともな経営者なら

目指さない様な会社。

 

 僕はたくさんの報酬を得る事より

も何よりも、、、

自分が最初に描いた

理想、そんな矛盾した

会社作りという

「自分との戦い」

挑戦し続けたいと

思っています。

 

ちょっと熱くなりすぎましたね、、(笑)

 

そしてまた過去に戻ります。

 

 

 

僕は当時25、6歳

かなぁ。

 

ORERA快進撃

のスタートです。