story 30

2021.05.07

 

当時の業界は

FCや業務委託などの

仕組み系サロンと

その他に大きく

分かれていました。

(もちろんいろんな分け方が

あって個人的な主観ですが、、)

 

カリスマトップ系には

当然トップの技術や

考え方や人間性に

人が集まり。

 

仕組み系はその

仕組みの報酬や待遇

や将来性を求める。

 

原宿表参道界隈の場合、

憧れやメジャーになる

ことを目指して

モチベーションも高く

て意識も高い人たち

が集まってくる。

 

そうやって一世を風靡

する様なお店が出来

上がって行くけど、、

(GARDENのスタートも

まさにそう!)

 

10年、15年と時間が

経過すると、

時代も社会も変わり

何より自分達が歳を

取り、

価値観や人生観

みたいな事が変化

して行く。

 

最初は若い人同士で

アンチ上世代の

『仮想の敵』

を作りやすい。

 

昔も今も変わらず、必ず勢いの

ある人たちが口にするのは

「業界を変える!」

というワード。

 

アシスタント時代

現在不満に思うこと

の改革を掲げて、

それに共感する仲間

たちと一丸となる。

 

ただし同様に、

10年、15年と経過

するうちに同じ様な

組織内での変化が

起こり、次の世代が

同様な旗を掲げて

独立して行く。

 

この業界はずっと

その繰り返し、、

 

 

「美容師経営者のほとんどが

プレイヤーであって、

本当の経営を学んで

いないしわかっていない」

 

昔からそう言われてきました。

 

ここ最近のコロナでの変化で、

SNSなんかでも同様の流れに

なっているのを感じるけど、

 

「部活のキャプテン的

正義」が経営だと

思っている人が多く

(自分もそっち寄り

ですが、、)(笑)。

 

経営の本質的な

ところわかって

いない人が

やはり多い、、、

 

役員報酬を多く取る

ことやゴルフに行く

ことが経営者として

「搾取」してる的な

ことを言う人が多く。

 

 

それを「改革」と

掲げる人は

今も昔も同じで。

 

会社経営という中身

まだわかって

いない。

(自分も昔まさに

そうだった

けど、、)(笑) 

 

 その点FCや業務委託で拡大して

たり、他業種から参入した仕組み系

の経営者の方が、経営というもの

をわかっているとつくづく思う。

 

 ただし

「何がやりたいか?」

によってなので、あくまで自分は

全てのやり方を

否定するどころか肯定

していて、

 

「自分が何をやりたい

のか?」

が大切だと思っているけど。

 

 

経営は仕組み化であり、

管理であり、、、

 

我々の様な人が商品である場合、

全てのスタッフが

同様に高いレベルの

仕事を再現できる

ような「仕組みと管理

を行うこと」が経営。

 

なので

「この人にしか

できない

カットデザインや

カラーデザイン」

という前提では

「仕組み化」

しようがない。

 

それはオリジナリティ

あって、

リエイティブであって、、

唯一無二で素晴らしいし

かっこいいんだけど

経営にはならない、、、

 

 

もっと

タレント事務所的な

経営手法がいいのかも

しれないけど、、

でもそれだけでもない

から難しいんです

よね(笑)。