story 31

2021.05.12

 

24歳の僕に戻ります。

 

OPERAに入社して

自分はアシスタント

として再スタートを

切る覚悟でした。

 

でも渡された名刺には

「スタイリスト」

と記載されていました、、、

 

 

実力がない自分に自信をつける

ために、一から勉強し直すため

移って来たのに、以外でも

あったし不安でもありました。

 

 当時のアシスタントのメンバーも、

そんなお店だったからイケイケで

レベルの高いスタッフも結構いて、

そんな中でいきなりスタイリストと

いうのはハードルが高かった、、、

 

 

それでもとにかくやるしかなく

がむしゃらに毎日を過ごして

行きました。

 

 

「どうしたらあんな

可愛いデザインが

切れるのか?」

 

「有名サロンが

有名になる理由は

なんだろう?」

 

そんなことを早く吸収

して、以前のお店の

後輩にフィードバック

して、、、

 

「早く前のお店に

戻らなきゃ!」

なんて思って

いました。

 

ところが、、

 

技術も考え方も何から何まで、、

違いすぎてついて行くことで

精一杯ついても行けて無かった

と思いますが、、)。

 

毎日がまさに必死で考えてる

間もない、、、

 

理由なんて全く

わからない、、

 

 そんな日々を過ごして行く中で

当時の綾小路さんの

夢やビジョンに

染まって行きます、、

 

「日本一の美容室

を創る!」と。

 

「日本一って

なに、、?」

 

いまだかつて生きて来た中で

「日本一」なんていうフレーズ

出てきた事もなければ考えた

こともない。

 

せいぜい高校の部活の県大会で

「ベストを狙う!」

くらいが精一杯笑)。

 

 それでも当時まだ20

だった綾小路さんが、

 

「日本一になって

美容業界を変える!」

 

と言う、、

 

 いつしか僕も完全に

洗脳され(笑)、

訳のわからないながらもとにかく

大きな夢を見ることに同化

していき。

 

その頃には何かわからない

大きな流れに自分も巻き込まれ、

その夢を一緒にみることで

「どこまで成長で

きるか?

やり抜きたい、、」

 

そう思う様になっていました。

 

 

そして以前の店の後輩に伝えました。

 

「もう自分は

戻れない、、」と。

 

 

今回すべて実名で書かせて

頂いていますが、実はご本人の

承諾を得ていません、、、(笑)

 

もしこれをご覧になって不愉快等

あれば変更させて頂きます。

 

今更あえてAさんとかNさんとか

言っても大体わかるでしょうし、

リアリティーがなくなります。

 

何よりここに実名で

ご登場頂く方ちは、

 

当時はもとより

今でも心から

リスペクトし感謝

を持ち続けて

いる方達です。

 

皆様にはそこはご理解頂ければ

嬉しいです。