story 26

2021.05.01

 

竹下通りから明治通りを越えて

いわゆる「とんちゃん通り」

昔から言われる通りの更に少し

入った地下。

 

OPERAは吹き抜け的な空間を

挟んでフロアで35坪くらいの

お店だった。

 

 他のサロンにお客さんとして行く

ときは自分のカットはまぁ適当でよく、

お店やスタッフの雰囲気

や動きとか技術なんか

一生懸命観察するため。

 

 

今回は野沢さんが

なんであんなデザイン

が作れるのか?

を聞きたかった、、

 

 

「もっとファッションの

世界とリンクした

仕事を広げて

行きたい!」

 

 

今考えれば

当時の野沢さんで

確かまだ26歳、

綾小路さんでも

歳と。

 

 それは怖いもの知らずで

イケイケで

今考えれば恐ろしいことだらけ

だけど、、

 

 

とにかく前しか向いて

いない話しに衝撃を

受けた。

 

 

僕の周りには

そんな「夢」を語る人が

いなかった、、

 

 

だからわからないなりに後輩たち

に対して僕なりの夢や希望を

語って来た。

 

 

でも自分でできる

ことは限界、、、

 

 

「もっといいお店にしたい!」

 

 

「そのためにもっと

自分が成長して、

もっと大きな夢や

希望を後輩たちに

与えたい!」

 

僕が生きて来た世界がいかに狭くて

何も知らなくて、

なのに知っているふり

をして誤魔化して

来たか、、

 

 そう思ったとき、

 

 

後輩たちとやっと

理想のお店を目指せる

までになった

最初のお店を辞める

覚悟をした。