story 24

2021.05.01

 

さてさて、、、では

デビュー後の僕は

どうなって行ったん

でしょう?!

 

 

「デビューして

スタイリスト

になって僕がお店を

変える!!」

 

 どんな時代にもそんな

「気合だけは一人前」

みたいなのはいるものです(笑)。

 

そんな意気込みでデビューして

みたものの、気持ちだけあっても

そんな甘いもんじゃ

ない、、

 

売上げのこととか後輩からの支持

とかがあって、会社からも

「ゆくゆくは店長を

目指せ!」

的な期待もされたけど、、、

 

後輩からも

「須崎さんなら

なんかやってくれる

んじゃないか!!」

とか。

 

そんな期待や自分の気負いとは

正反対なくらいに、

「技術者としての

幅のなさや未熟さ」

を改めて痛感して

いた。

 

人の何十倍も練習して来たつもり

でも、先輩達から素直に教わろう

とはしなかったからとにかく

『我流』。

 

 

ベーシックなものはわかっていても、

当時はモデルさんをカットすると

いう文化はあまり無くて、デビュー

してから少しずつフリー入客

しながら先輩に教わって行くもの

だったけど。

 

それを自分はすっ飛ばし

態度だけは生意気だった

から誰も教えては

くれない、、

 

 

というかわかってる

ふりをしていた。

 

 当時はバリバリの

サッスーンカット

の重いスタイルと、

ワンレン聖子ちゃん

レイヤー、、、

 

大体この辺とメンズが切れれば

なんとかなった。

 

先輩に

「さっきカットした

グラデーション

綺麗だったでしょ

!?」

と言われても、、

 

 

確かにシルエットや

フォルムやプロセス

は綺麗でかっこいいん

だけど、、

 

簡単に言っちゃえば

「似合ってない」

「フィットしてない」

といつも思っていた。

またかなり生意気ですみません、、)

 

 だから自分もなんとか形はカット

できるんだけれど、より似合っていたり

フィットしてオシャレだったりっていう

デザインが切れなかったし、

よくわからなかった。

 

 

 

そんな時にある雑誌に掲載されていた

ヘアスタイルに衝撃を受けた。

 

 

その作品のクレジットは

「野沢道生」

と書かれていた。