story 22

2021.04.29

 

そんな無我夢中だった

アシスタント時代も2年半が過ぎ、

ついに

スタイリストデビュー

が近づて来ます。

 

その頃になると後輩も増えていて、

自分のためじゃなく後輩たちの

ためにも

「いいお店を

作りたい!」

そう思うようになっていきました。

 

忙しくないと後輩

にはチャンスを与え

られない!

そのためには

売上げ、、、

 

 今みたいな集客サイト

はないからまずは

ひたすら紹介

 

来て頂いてるお客様からなるべく

多く指名や紹介してもらうこと。

 

先輩のお客様でもシャンプー中に

ひたすら自分をアピールして(笑)、

どれだけ自分は

頑張ってるとか、

自分ならこんな

風にカットして

みたいとか、、、

 

なんとなく営業の経験も生かされて

たかもしれないけどとにかく

そうやってだれのお客様関係なく

沢山指名や紹介してもらえるように

営業し続けました。

 

あとは知り合いとか人伝てに

紹介してもらったり。

 

ナンパまがいなことも

たくさんしました(笑

 

 

何がなんでも

スタイリストになる

なら自分が売上げ

上げて、

後輩のためにも

忙しくてかっこいい

お店にしたかった、、、

 

 

そしてデビュー月。

 

今で言えばたいしたことないけど、

当時で言えばまぁまあの

初月売上げ。

 

当時はあくまでデビューは

お試し期間で、そこからキッズや

簡単なメンズを入客しながら勉強

していくもので、

少なくとも

「デビューした

からには!」

なんて、

初月から売上げに

こだわる美容師

なんて全く

いなかった(笑)。

 

そんな話しを何年も後にしていた

ところ、

GARDEN初期の

『デビューの記録

更新』ていう風土

に繋がって

いきます。

 

自分が想いを持ってやっていた

ことが

数十年後GARDENの

風土となり

業界へも飛び火していくとは、

このころは想像だにしませんでした。

 

 

またその頃だったか、、

当時の会社がオフィスを移転

したらしく、社長室というのに

呼ばれました。

 

そのオフィスは原宿の交差点の

すぐそばにあり、、、

(いまも残っていますが近く

取り壊されるそう、、)

 

その8、9階あたりのオフィス

からは表参道が一望

できました。

 

「どうかな須崎君!?」

 

「美容師は頑張れば

こんな景色が見える

んだよ!」

 

その時のことは

今でも強く印象に

残っています。

 

表参道という東京の中心を

見渡せるようなオフィスと

その景色を見たとき、

サラリーマンに「夢」や「目標」が

持てなくてこの世界に入ってきて

なんとなく忘れていた、

また違った意味での「憧れ」

みたいなことは正直感じました。

 

それから約20年後、

GARDENをオープンしたのは

まさにそのビルの

並びで、

当時と同じ高さの

同じ景色を見たときは

感慨深いものが

ありました、、、

 

こうやってやっぱり過去と未来は

繋がっていくものです。

 

今やっているどんな些細なこと

でも、一生懸命やって

いれば必ず未来と

繋がります。