story 21

2021.04.29

 

シャンプーブローという

メニューがあって今も一応あるけど)、

美容室に来てシャンプーしてブローして

もらわない時は、

家ではシャンプーしない

というご婦人が当時は結構いました。

 

NYでは今もそういうお客様が

たくさんいて、週に2、3度来店される

方もいます。

 

 で、当時は今の様なカットデザイン

ではなくブローでしっかりと

作りあげるスタイル

が多かったので、

ブローは死ぬほど練習しました

 

そしてブローに合格すると、

スタイリストではないけど

シャンプーブローのお客様に

入客できました。

 

つまり売上げをあげる

ことができます。

 

 特に給料が上がるとかはないん

だけれど

「自分で最後まで

仕上げてお客様を

帰せる!」

ていうのがとにかく

楽しかった。

 

ちなみにブローに受かる前とか、

特に営業中もお客様のブローに

入らせてもらいたくて、鏡を持って

カットの終わるスタイリストの後ろで

待ってるんだけど。

 

当時生意気で先輩のいうことをあまり

聞かなかった僕は、他の同期がまだ

シャンプーとかして手が空いていない

のに、「~さんお願いね!」と

軽く無視されたりと、

悔しい思いを沢山させて頂いて

いました(笑)。

 

そんなことにもこの業界の

独特さを感じていました。

 

 

昼間はお客様も少なく暇なお店

だったので、

「とにかくこのシャンプー

ブローのお客様を

増やそう!」

 

営業経験のある自分にとって

やっと「攻め」の営業ができる!

 

 

当時は宣伝するツールなんて

無かったから勝手に何かを

コピーして印刷して、

「シャンプーブローチケット」

みたいなものを店の近くで

配りまくりました(笑)。

 

 しかし現実はそんなに甘いもの

ではなく、、、

 

確か500枚くらい

配って2、3人しか

来店してくれません

でした、、

 

 結果は、、でしたが、

 

少なくても

当時アシスタント

の分際で勝手に

チラシを作って配る

なんてことは

前代未聞だった

ので)、

会社の上の人からは良くも悪くも

目をつけられる様になりました。

 

当時はスタイリストを「先生」

って呼んでいた時代ですから、

スタイリストとアシスタントとの

格差やパワーバランスなんて

言ったら今のブラックとか

言われてる比じゃないくらい

でしたから(笑)。

 

とにかく暇なお店が

嫌でした。

 

自分が働いている

お店にプライドを

持ちたかったから。

 

古くて汚いお店なのはしょうが

ないけど、、、

 

だから徹底的に掃除して綺麗に

して、

自分の友達や親や

親戚が来た時に

「いいお店だね、、!」

 そう言われるお店に

したかった。

 

僕の美容室の原点はここで、

その数十年後にGARDENを作る

なんて想像さえしていなかったけど、、

 

今でもこの時の思いは

変わっていません。

 

大切な人に

「いいお店だね!」

そう言ってもらえる

ようなお店を作りたい

と思い続けています。