story 20

2021.04.28

 

 

スクーターで通っていた僕は

終電を気にする

必要がなかった。

 

毎日6時半にお店に行って、

先輩たちには何も言われない

ようにまずは

完璧に掃除と準備

 

 3、40分で終わらせるとウィッグを

持ち出して、先輩たちが出勤して

朝礼が始まるまでの

約2時間練習

 

営業が終わっても

その日に帰ることは

ほとんどなく練習

していた。

 

 不器用でワインディングとか

全然ダメだった僕は、

 

「何でこんな無意味

なことするん

だろう、、」

 

「いくら綺麗に

巻いたって

これをお客様が買う

わけじゃないし、、」

 など、、

 

無意味な方向へ気分を紛らわし(笑)

それでもやるしかなくて、、

 

「やっぱ美容師向いて

ないかなぁ、、、」

 

そうやってすぐに言い訳して

逃げようとしていた。

 

なので強制的に休みの前の日は

「オール」と決めて泊りで無心で

ワインディングをした(笑)。

 

そんな風にとにかく「量」をやって

行くと少しだけ「アレっ!?、、」って

なる時が来る。

 

「なんかちょっと

うまくいった、、、!?」

 

「ちょっとなんか

わかってきた、、!?」

 

みたいに。

 

 

そうするとちょっと

だけ面白くなる。

 

それを褒めてもらえると

更に嬉しくなって

 「もう少し頑張ろう!」

って前向きになって行く。

 

一つの事に徹底的に

夢中になって「量」を

やる事で見えてくる

体験は、

人生においてとても

基本的で大切なこと

だと思っている。

 

こうやって書くと最初から一生懸命

頑張るできの良い子みたいに

思われるかもしれないけど、、

 

実は練習なんて

ほんとは大嫌いで

いつも自己逃避して、

 

2か月に一度は、

 「美容師やめて~!」

って思ってました(笑)。

 

後になって聞いたけど周囲の有名な

美容師さんたちは、

 

「色々大変だったけど、

美容師を辞めたいと

思ったことは一度も

ありません!」

 って言うけど、、

 

自分はしょっちゅう辞めたいと

思ってました。

 

器用な人は簡単に

できちゃったりするん

だけどね~

それがまた悔しいんだけど、、

 

でもそれはそれで、

「器用貧乏」って言葉も

ある様に、後々別の事とかで

帳尻が合う

 

才能とか要領でその時はうまく

行っても逆にもっと大きな壁が

待ってたりするもの、、

 

今結果が中々出なくて苦しんでる

人たちもそう思って頑張って欲しい。

 

こんな練習嫌いな僕でも

なんとかなったんだから