story 19

2021.04.28

 

20歳の自分にまた戻ります(笑)。

 

そのお店は銀座松屋

目の前の中央通り

あった。

 

僕が雑誌で見たお店は原宿の

本店とアトリエ。

 

雑誌で見たお店はいかにも

アーティスティック

カッコかったけど

僕が配属された銀座店は

目抜き通り沿いとは言っても

かなり古いビルで一階も

ラーメン屋、、

 

お店も10年以上経って

いるからそこそこ

ボロボロ、、、

(すみません、、)。

 

 ただその頃も居候させてもらって

いた森下のアパートからは

スクーターなら直ぐで、通うには

一番楽なのは確かだった。

 

とにかく最初は何もできないから

一緒に入社した同期の人と

朝一番に来て掃除をする事

から始めた。

 

そんな毎日がスタートした中で、

向かいが松屋だったせいで

いつも見ていたが、

 

松屋とか百貨店は

オープンする時には

全販売員が迎えて、

「いらっしゃいませ!」

と笑顔で挨拶して

自分の持ち場へ

向かう。

 

当時は予約制ではなかったので

オープンした時にお客様が来るか

来ないかわからないけど、、

 

とりあえずオープンの時

にはお店に出て

お客様をお出迎え

するかと思いきや、

スタイリストの人や

店長さんたちは

バックルームに

いて出てこない、、

 

セールスを経験していた自分は、

お客様には

「来てもらう」

のではなく

「見つけに行く」

のが当たり前

だった。

 

初めて美容室というところで働いて

みて、そんな自分にとって普通だと

思っていたこととのギャップ

沢山有りすぎた。

 

そんなことで先輩たちとも沢山

ぶつかり、マイナスになって

しまったところもあるけど、

逆に自分の中で

イノベーション?

アンチ?

みたいなパワーに後々なって

行きます(笑)。

 

例えば暇な日の終礼で

 

「今日は雨だった

から、、」

 

「給料日前だった

から、、」

 

と言って何もしないいわゆる

「待ち」の状態

が信じられなかった。

 

 そうすると気持ちだけははやるの

だけど、

美容師としては

何もできない

一年目、、

 

いくらそんなことを言っても美容師は

所詮技術がないと何も

できないことをあらためて

思い知らされる、、

 

とにかく社会人を経験したうえで

想像していた美容室と現実

美容室では、当時の僕にとって

様々な違和感があった。

 

若いうちは

固かったし

それによってぶつかること

とかもあったけど、

逆に常に客観的な

お客様の目線で

見れていた部分も

ったと思う。

 

 とは言え技術がなければ美容師

何もできないのは事実で、早く

技術を覚えたくて毎日必死

で練習した。

 

だから僕は最初から美容師として

上手くなりたい

とか

売り上げを上げたい

とか、

どんな美容師に

なりたい

とかよりも、

この頃から既に、

自分が普通(理想)

だと思うことを形に

したいことが一番

だったかもしれない。