story 16

2021.04.16

 

卒業の頃になるとそれぞれに

就職という話しになって来る。

 

 

あれだけ「ヘアメイク!」って

ワクワクして美容の世界に入った

んだけど、、

 

アルバイトに必死で、

いつの間にか美容学校に

行って卒業することが

大きな目標みたいに

なってしまっていた僕は、

どこに就職するとかも

あまり興味がなく

なっていた。。。

 

 その頃だったと思うんだけど、、

 

神奈川から茨城に転校した

中学年生の時に同じクラスで、

すごく頭がよくて高校も

トップクラスの高校に行って、

その後東京の大学に行った

とか専門に学校に行ったとか、、

 

バイト帰りだったか、、

新宿の地下街で偶然彼女

とすれ違った。

 

「あれ!~ちゃん!?」

 

 当時の彼女は恵比寿のバンタン

に通っていてなんとなく共通の

知り合いがいたりなど、、

 

そこから友達なんかとも

一諸に色々遊ぶ様に

なった。

 

 

もともとファッションにも興味が

あった自分は彼女とのやりとりの中で

「流行通信」

「装苑」

「アンアン」

なんかも普通に目を通す様になり、

少しずつまたヘアメイクへの

夢みたいなものが膨らんで行った。

 

それが現在もお世話に

なっている奥様(笑)。

 

この後も当たり前のことながら、

僕の人生に大きな影響を与えて

行くんだけど、、

 

これもまた新宿の美容学校に

通っていたからこその「運命」

の巡り合せ、、、?

 

そんな感じでいわゆる

原宿、青山、表参道あたりで

雑誌に出てる様な有名サロン

に興味を持ちはじめた。

 

とはいえ学校の先生に進められて

何軒か面接は受けてみたけど、

有名サロンは人気があって

応募者が殺到していて

全てアウト。

 

かなり後になってそのお店のオーナー

さんとは話す機会があって、

「残念なことしたな~」

なんてお世辞で言ってもらったけど、、

美容業界ではよくありがちな

話しだよね、、

 

そんな時にある雑誌で見つけた

サロンに面接に行ってみたら

なんとかギリギリで合格をもらい、

そこで僕の美容師人生が

スタートする。