story 15

2021.04.16

 

美容学校時代は時間があれば

とにかくバイトに明け暮れた。

 

生活費と授業料を

貯めなければ

卒業出来なかったから、、

  

その中でも

「よくあそこまで

働けたなぁ」

と今でも思い出すのが夏休み。

 

その時残りの卒業までを考えると、

夏休みだけで約30万くらい

貯めないといけなかった、、

 

 

そこで見つけたのが「築地市場」。

 

時半から10時までだけど時給は抜群!

 

始発でも間に合わないので、

実家にあったスクーターを持って来て

それで森下のアパートから通った。

 

市場は

墨系と気の荒い人が多くて

タラタラやってるとすごい剣幕で

怒鳴られたりする(笑)。

 

とにかく朝の早さときつかった思い出

ばかりだけど、

週に一度のご褒美で

「ラーメン井上」の

当時一杯600円の

ラーメンを食べられる

ことは唯一の楽しみ

だった。

 

数年前、20年ぶりくらいに買い物がて

築地に息子と行った時に「井上」

に寄った。

 

まだおじさんも元気で、

当時名物だった僕と同じ歳くらいの

綺麗な娘さんが、すでに子供が

いながもまだお店を手伝っていて

当時の話を息子にした。

 

その後すぐに井上が火事でなくなった

というニュースを聞いた時は寂しい

気持ちになったけど。

 

そして築地自体も消えて

行くとは、、時間の経過を

感じさせられるものです。

 

 

話しは戻り築地を10時に終えたら

次は新宿のカフェでバイト。

 

さすがにそこから終電までは

働かせられないと時までの早番。

 

さらにそこから歌舞伎町にある

居酒屋で終電まで。

 

家に着くのが時で

朝4時には家を出る

繰り返し、、

 

風呂なしだったから毎日水道で

身体の汗を拭いておしまい、、

 

お風呂に行けたのは週末の

築地が休みのときだけ、、

 

なんとかこうして

僅か1か月半で30万を

貯めることができた。

 

 

 

全然ファッショナブルでも

クリエイティブでも

おしゃれでもなくてすみません。。。

 

そして決して貧乏武勇伝で

「俺たちの若い頃は!」

的自慢話しに感じて

欲しくなくて、、

 

誰でもそういう時代や

どうしても頑張らなきゃ

いけない時を越えて

今がある。

 

 僕らも父親やお爺さんお婆さんから

戦後の話しを聞いてもピンと来なかったし、、

 

資産家の子供かなにかで、

何も苦労がなくても幸せに生きていける

境遇の人ならいいんだろうけど、、

 

そんな人だってこれからの

時代は何が起こるかも

わからない、、

 

自分の息子たちにもたまにこういう

話しはするけど今では完全に

煙たがられているだけ、、、(笑)

 

 まぁそれでもこうやってなんとか

美容専門学校を卒業できて

美容師にならなかったら、

GARDENというヘアサロン

はこの世の中には存在

しなかった訳で、、

 

 

やっぱり全ては積み重なって

未来は作られて行くのだと思う。