story 14

2021.04.16

 

フリーター生活に必死になっている

あっという間に月。

 

やっとなんとか入学金の30万も貯まり

じゃあどこの美容学校に

行こうか、、

 

ところが、、どこに電話しても

 

「すでに定員満了と

なっております、、」

 

それはそうだろう、、

 月からの入学なのに、

月のギリギリで空いてるところ

なんてどこもなかった。。

 

「これだけ頑張って

入学金貯めたのに、、」

 

諦めかけてたところで一件だけ定員が

一人空いたので受け付けてくれるという

ところを見つけた。

 

かくしてそこで一年遅れの美容学生生活が

スタートすることになった。

 

 

 

「真野美容専門学校」

 

当時校舎が建て替えられたばかりで、

真新しい校舎と目の前は公園という

一見素敵な感じだけど、

 

場所は

新宿歌舞伎町を抜けた

ホテル街の横

学校関係者の皆様気を悪くされた

ら申し訳ございません、、)

 

でもアルバイト生活の僕にとっては

都合もよく、また人生を左右する

出会いもここに通っていたお陰で

後に生まれる。

 

この頃世代の一学年て

いうのは結構大きい、、

 

高校時代は自分も留年した先輩同級生を

よく小馬鹿にしていた、、

 

どこかにそんな後ろめたさもあったり

相手も何となく先輩扱い的だったから、

特に友達的なこともそこまではなく。

 

昼ご飯になると、

 

「一緒に食べに行き

ましょうよ~」

みたいに誘ってくれる人もいたけど

「今日は腹減って

ないから~」

と公園とかでブラブラ過ごす。

 

 

本当はお腹空いて

しょうがないんだけど、、、

 

お金のない僕は夜の

バイトの賄いまでグッと

堪えるしかなかった(笑)。

 

この頃学校が終わると直ぐに

新宿駅にあるカフェでアルバイトをして

終電で帰るのが日課だった。

 

なので授業中は

とにかく眠い、、

 

ほぼ授業はそっちのけで寝てばっかり

だったんだけど、担任の先生が僕の

状況を理解してくれていて、

 

「須崎くん寝るなら

隣の空いてる教室で

寝てていいよ、、」

 

と言って、僕だけ授業中特別扱いで

隣の教室で授業も受けず寝させて

もらっていた。

 

よくそれで卒業させて

もらえたなぁ、、

と今でも思うけど、、

 

 

僕のことを考えてくれたのか!?

というより、ちょっと面倒くさそうな

やつに手をかけないように

したのか笑)。

 

今となってはわからないけど

僕は前者だと思って

今でも感謝している(笑)