story 13

2021.04.16

 

また19歳の僕に戻ります(笑)。

 

夜バイトしていたのは

いわゆる

「近所の飲み屋」

 

スナックみたなものでママさんが居て

あともう一人が料理とか作れる人と

僕の人。

 

源氏名が必要だとか言われて、

なぜか勝手に「竜ちゃん」とか言われて

いました。(笑)

 

近所のお店との付き合いとかも大切

みたいで、よく新しいお店がオープン

すると僕が連れて行かれたものです。

 

当時住んでた森下というところは

以前はいわゆるドヤ街。

 

昔は大阪でいう西成のあいりん地区

みたいだったところで、

その頃はだいぶ大きな企業や

マンションも立ち並んで変わっては

いたけれど。

 

それでもそんな日雇い風

のお客様もたくさん来ていました。

 

近くにNTTがあって毎週部長さんとかが

数名で来て、一人4、5千円、時には

もっとたくさん使って行く。

 

かたや日雇い風のお客様は

ほぼ毎日のようにくるけど千円から

多くても3千円以内。

 

見た目や言葉使いも粗くて普通ならちょっと

遠慮したいと思う人達、、

 

 ある時ママが、

 

「竜ちゃん、

NTTのお偉いさんと

(日雇い風の常連の)

~さん、どちらがうちの

お店にとって大切だと

思う!?」

 

僕はどう考えても雰囲気や

経済力も含めて

NTTのお偉いさん?

だと思っていた。

 

そしたらママが、

 

「サラリーマンなんて

会社の経費と立場が

なくなったらすぐに

来なくなる」

 

「~さんたちは確かに

見た目も仕事もだけど、

今日一日働いてなけなし

稼いだお金でうちに

来ることを楽しみに

している」

 

「結局どっちも大切

なんだけどね~!」

 

なるほど、、、

 商売にとってお客様とはそういう見方を

するんだ、、

 

そしてこのママは僕を水商売の

世界に引きずり込もうとしてるん

だろうか、、、?

 

 それでもこの時のママの話しは印象に

残っていて、

 

「お客様を見た目で

判断しない」

 

「どんなお客様でも全ては

大切で特別なお客様」

 

 

という気持ちが今でも自分の

商売の原点

になっている。