story 12

2021.04.16

 

自分でこれを書いていても、

まだ美容学校にも入学していない!?

あと何年分!?

最後までもつの?、、、

 

不安は少しある、、

 

 でもなぜか不思議と当時が鮮明に

思い浮かびスラスラと文章が出てくる。

 

アウトプットに乾いていたのかもしれない、、

 

なんかもっと上手く手短に「こうだ!」

みたに伝えられればいいんだろうけど。

 

すみません、、

 

例えばまさに昨年入社

してくれた新入社員。

 

 

「 どれだけ休業

させられるんだ、、」

 

経営者という立場では本当に

申し訳なかったんだけど、、

 

でもアフターコロナの時代においては

もう一度ハングリーな

時代に戻って行くとも

思っている。

 

以前であれば4月から普通にお給料を

もらえて、先輩達にあたり前に教えて

もらって、残業代から何から何まで

会社が負担して、、

 

環境はよりホワイトになっていく一方

だけど、美容師人生において一番大切

なアシスタント時代に

「何がスタンダード

になるか?」

でその後がほとんど決まって

しまうと思う。

 

 

普通に休んで練習もほとんどせず、、

なんとなく気を遣いながら先輩も

そこそこに接し、、

 

 センスのいい人はそれでもなんとか

掴んで行くだろうけど、、、

 

「人より上手くなりたいなら

人の倍やる」

 

いつしかこんなことを言うことさえ

古いみたいな風潮になっていたけど、、

 

 

そんなことは

どんだけ時代が変わろうと

変わりようがないのに、

国の制度や世の中の風潮が

そうやってどんどん弱い人間を

育てる方向に向かっていた、、

 

そしてそれでもなんとかなるような

幻想を抱かせるように。

 

話しが逸れるので

元に戻します笑)。

 

 

圧倒的な量をこなすためには

そのモチベーションとなるのは2つ、

 

「不遇な環境を変えて

登って行きたいと思う

ハングリーさ」

 

「目標に対する思いの

強さ」

 

 

不遇な環境というのは今の時代は

あまり感じる人はいない。

 

ただ「アンチ」みたいなことはあって

それは後程触れます。

 

 

「目標に対する思い」っていうのも

よほど強くないと自分

一人では頑張れない。

 

でも厳しい環境でも、そこに

仲間やライバルがいて、

周囲がそれを当たり前に

やっている環境におかれると、

人は意外と周りに感化されて

できたりする。

 

もちろんそれに合わない人は辞めて

行くのだろうけどそれはお互いのため。

 

人は最初は辛くても習慣まで

してしまえば当たり前になる。

 

朝晩練習することが習慣になって

しまえば歯を磨く事と同じ。

 

去年の新入社員は普通に出勤さえ

できなかったから、一つチェックが受かる

ことでも「ヨッシャー!!」

ってなっていた。

 

日でも早く出勤

できるように、、

 

日でも早くモデルさん

ができるように、、

 

生活が苦しい中でも必死に

頑張ってくれていた。

 

 

経営者の立場の僕の発言としては

問題あるかもしれないけど、、

 

絶対に将来GARDENの核となる

世代になれると思っているし、

そういう風に育ってほしい

幹部とも話している。

 

そんな彼らに僕も同じ様な時があって、

同じように苦しい時代を乗り越えてきた

こととかを少しだけでも感じてもらえれば

いいかなぁ、、

 

何度も言うけど、

決して押し付けでは

ありません、、、

 

 

そんな感じで更に続いて行きます。