story 11

2021.04.16

 

僕にとっての僅かなサラリーマン生活は、

その後の美容師人生においてとても

大切な経験となった。

 

大企業の教育、

営業、、

世間で言う「常識」

 

そんなことがあったからこそ、

その後の美容師人生においても、

狭い職人的な見識や

美容業界における

「常識」と世間における

「非常識」を感じていたし。

 

明らかにその後に影響を及ぼす

わけだから、やっぱり今この瞬間も

無駄にしちゃいけないと思う。

 

今と未来は必ず

繋がっているし

サラリーマン生活も自分に

とっては人生において「必然」

だったと思っている。

 

 

そんな感じでサラリーマン生活を

捨てた僕は、美容師(ヘアメイク)の

道を目指すために東京に向かった。

 

 

とは言っても

まずは住むところ、、

 

殆ど貯金も無く、とりあえず高校時代の

親友が江東区の森下に住んでいて

そこに転がり込む。

 

四畳半が二間だけど、

風呂なしトイレ共同で

3万円のボロアパート。。

 

こんな物件はもう今は

ないんじゃないかなぁ、、(笑)

 

そこに居候させてもらいながら、

まずは生活費、それと

美容学校の入学代。

 

当時はまだ美容学校は年で

年間の授業料も

100~150万くらい。

 

ただし今のような奨学金的なものは

ないから、少なくとも入学金くらいは

貯めないと学校へは行けない。

 

親や親戚には全く頼れない。

 

もともとそんなつもりもなく

この状況を考えていたので

とりあえず高額なバイトを探した。

 

 昼間は駅のキオスク(当時JRの駅構内

にあった売店)に商品を配送する仕事。

 

夜は近所の飲み屋。

 

全くファッションとも

ヘアメイクともゆかり

もないが、、

 

とにかくお金をなるべく貯めることが

最優先。

 

 

朝7時過ぎにアパートを

出て、夕方6時に一旦

アパートに戻ったら、

8時から12時までは

飲み屋とほぼ休みなく

働いた。