story 10

2021.04.15

 

そうなると毎日が悶々として

営業にも全く身が入らず。

 

営業所を出てもだらだらと

無駄にどこかで時間を潰すだけ、、

 

そんな時本屋で立ち読みした

女性ファッション誌に

『ヘアメイク』って言う

言葉を見つけた。

 

 

「ヘアメイク!???」

 

どうやら美容師の延長上で

ファッション誌や芸能人のヘアや

メイクをして、中には有名な

ヘアメイクの人もいたりして、、

 

 

「カッコいい、、」

 

自分の中にはじめて憧れ

みたいなことが芽生えた。

 

 

そうなると単純(笑)。

 

 

「ファッションは好き

だけど飽きそう、、」

 

「お酒も好きだし

バーテンダーも

カッコイイけど、、

昼夜逆転で

身体壊しそう」

 

「美容師になって

ヘアメイクになれば

カッコ良さそうだし

モテそうだし、、」

 

 

「一応国家試験あるし、」

(何の根拠もない安心感)

 

「ということで、

自分は美容師(ヘアメイク)

になる!」

 

 

 

僅か数日で決めて

辞表を出しました(笑)

 

 他の新入社員よりも少しだけ成績が

良かったせいか、本社の人事部長とか

にも呼び出されたけど、、

 

「美容師!?、、

そんな世界で一流に

なれるわけないし

今の会社のほうが

絶対安定している!」

 

 もし自分の息子にこんなこと言われたら、

同じように反対するかもしれないけど、、、

(しないかな、、)(笑)

 

若さゆえの無謀な希望は何にも増して

エネルギーだけはあって、、

 

誰から何と言われようと、とにかく

自分の思い通りにやってみるまで

気がすまないもの。

 

 こうしてまた大した根拠も知識も無く、

ただイメージと直感だけで決めた

美容師という職業。

 

 

かくしてサラリーマン生活僅かカ月。

 

親や親戚からも反対されながらも

今に繋がる美容業界への

道がスタートする。