story 7

2021.04.14

営業にはノルマがあって、

競い合い

みたいに成績がつけられて行く。

 

よくテレビドラマでありがちな

名前の上が棒グラフ

になってるヤツ。

(さすがにそれこそ昭和か?)(笑)

 

とはいってもただマジックで

塗るだけの表のところが、

一つずつ黒く塗られて行くだけ。

 

新卒入社は僕だけで、正直まだ

戦力として見なされてなかった

けど一応

ノルマは月3台

 

 

その後も何となくコツを掴んだのか?

ラッキーパンチなのか?

たまたま購入希望の

お客様に出会い

月に一台くらいは

売れていたと思う。

 

 

新人にしては悪くない成績

だったけど、

結局クロージングは

課長だし、、、

 

まぁ良さそうなお客様を探してくる

「鵜飼の鵜」(笑)

みたいな感じで歩合は

一台売ったら万円。

 

 

更にボーナスに影響あるとか

言われていたけど、

もちろん社会人一年目の

仕事なんてそんなもんだし。

 

その時の僕にとっては

万円を足されたお給料は、

安い寮生活も重なって

不満に思うところは

ないはずだった。

 

 

ただ、車が売れると

確かに少しは嬉しい

気分にもなれたけど

なんか足りなかった。。

 

 

もともと夢や希望や

目標を持って就職

したわけではないし、、

 

営業所の先輩はみんな

優しかったけど、

これから自分の年後、

10年後を思うと

目標にしたい先輩は

いなかった

(生意気~、、)

 

 

 

東京に出てきた高校の

同級生たちが数名いて、

よく休みに日には彼らと会って

話したりしていた。

 

そんな彼らは大学や専門学校

やらもちろん就職してる人もいたけど、

少なくとも僕よりは

「目標」を持っていた。

 

 

 

この「目標」とか「夢」

っていうやつが、その頃の僕に

とってのモヤモヤとなり。

 

だんだんそれを追っている

同級生たちに羨ましさを覚え、、、

 

「目標」みたいなものがない自分の

サラリーマン生活に、日に日に

テンションが落ちていった。

 

 そこで考えた、、

 

これから自分がもっと

世の中で這い上がれて、

やりがいや夢を持てる

仕事はなんだろう、、?

 

 

田舎の高校生でもとりあえず

オシャレは好きだったし、

 

「カッコ良さそう

だから洋服屋!?」

 

その流れで当時流行った

チェッカーズみたいな髪型を

してくれと美容師泣かせで、、

 

それでも僕のリクエストに

一生懸命に応えようとしてくれた

美容師さんがいて、一瞬

「美容師いいなぁ、、」

と思ったことあったけど、、

 

僕の住んでたあたりでは、

美容学校に行くのは

ヤンキーの姉ちゃん

というのがイコールで、

高校生の時は全く頭にはなかった。

 

あとは若い頃からお酒が好きで、

当時はハードボイルド

とかジャズがカッコいい

時で、

バーカウンターでシェイカー振ってる

バーテンダーさんが

やけにかっこよく見えて、、

 

 茨城の片田舎では、

働いてる人は農家か、

工場働きか、

学校の先生か、

よく追いかけられた

駐在の警察官くらい

、、、(笑)

 

 

笑うかもしれないけど、、、

そんな程度が当時の自分には

当たり前で、

夢や目標なんて

想像すら出来なかった