story 6

2021.04.14

 

営業所には人くらいの先輩セールスマンが

いたけどあくまで仕事上の先輩後輩。

 

特にプライベートまで付き合う様な人は

いなかったけど興味深い先輩

もいました。

 

営業所で1、2を争っていたのは

最初に紹介した僕とは別のチームの

縁故のエリート先輩。

 

もう一人が同じチームの30歳過ぎの

先輩だったが、その二人がとても

対照的だった。

 

エリート先輩はチームが違う僕にも

優しく礼儀正しくて、

いつもパリッとした

爽やかイケメン。

 

かたやウチのチームのトップセールス

先輩は、いつも二日酔い

みたいな感じでネクタイもテキトーで、、、

 

ましてモゴモゴ何を言っているのかも

よくわからない、、、

 

言っちゃ失礼だけど、

今思い出しても

沖縄のブダイ

みたいな顔で、、(笑)

 

「何でこの人がトップ

セールスなんだろう、、?」

 

そんな目で見ていた頃その先輩にも

同行させてもらうことになった。

 

まずそもそも出社が

お昼頃。

 

ホワイトボードになんか書いておけば、

あとは結果が伴えば何も

言われないのが営業

 

 

「じゃあ行こっか、、」

 

みたいな感じで先輩の車に乗せて

もらうと、

 

「とりあえず飯行こ」

 

蕎麦屋みたいなところで昼食を食べながら、

 

「あんまり真面目に

やらない方がいいよ、、」

と、、、

 

それから車で色々話してるうちに

湘南海岸に到着

 

「ここで何するんだろう、、」

 

とか思ってる僕に

 

「海パン持ってる?」

 

「はっ~、、?」

 

「海パンも持ち歩いて

いないの、、?

まぁレンタルすれば

いいか?!」

 

 

「普通海パン持ち

歩かないでしょ、、」

 

 それから僕は、先輩に言われるままに

海に入ってたり昼寝したりと、

まるで休日を海に遊びに来たかの

ごとく数時間を過ごした。

 

頭の中では少しの罪悪感と

大丈夫なのかなぁ、、

という不安を抱えながら。

 

 

日差しが弱まり涼しくなってシャワーを

浴びるとやっとお客様のところへ出発。

 

着いたところは自動車修理工場の

お客様で、社長らしき人は車の下に

潜って作業中。

 

先輩が声をかけて気付くもまた潜って

作業をしながら色々喋ってる。

 

ご挨拶程度に紹介はしてもらったけど、

お客様と先輩はどうやらその車の

修理の件で夢中で話してる。

 

 

一応僕たちは研修で修理関係のことも

一通り教わるが、あくまで専門の

修理部隊がいるので、そこまで分からなくて

正直車検は取ってきても工場任せ。

 

先輩はキャリアがあるとはいえ

専門家であるそのお客様と

対等というかそれ以上に

答えていた。

 

次に向かったのは

いわゆるスナック、、

 

まだそんなに遅くない時間ではあったけど、

いきなり僕も紹介されて

ビールを注がれる。

 

どうやらそこのママさんの誕生日

らしいんだけど、次々に数名の

お客様がみえて。

 

どうやらその人たち

みんな先輩から車

買っているらしい。

 

2、3時間ワーワー飲んで、その日は

寮まで先輩に送ってもらって終了。

(当時はまだ飲酒運転普通

だったからね~恐ろしいけど、、)

 

 

先輩に初めて同行させてもらった日が

あまりにも強烈で、

他のことはよく覚えていないけど

この日のことは何となく今でも覚えている。

 

先輩は

「売ってる」という感じじゃ

なくて勝手に「売れて行く」

っていう感じ。

 

なんとなく車の事となったらとりあえず

色々な人から先輩に相談や連絡が来る。

 

そして買う時は買う

そんな感じだった。

 

車のスペックを勉強して、

買いそうなお客様に

徹底的に営業して、

最後は値段交渉で

なんとか落とす。

 

みたいにしか当時の僕は思ってなかった。

 

いわゆる

「物を売るのではなく、

お客様のためを考え

信頼を重ねる」

 

数十年後、本で勉強して少しずつ

理解して来たけど、高校出たての

18歳の僕にとっては、

なんとなく不思議な

感じにしか思えなかった。

 

まぁそれが先輩的アドバイスとしては、

 

「あんまり真面目に

やらない方がいい」

って事だったのだろう。