story 4

2021.04.08

 

こんな昔話しからはじまって「どこに行ってしまうんだろう」(笑)

とも思うが、、、

 

今の僕を形成している過去のたくさんの経験を記して行きたいと思う。

 

 

スタッフや美容師さんにとっては車のセールスの話しなんて興味ないだろうけど、、、

 

アシスタントのみんなにとっては父親と同じくらいの世代の僕にも若い頃はあって。

 

「自分達くらいの時はどんなだったんだろう!?」って。

 

別に押し付けたいわけじゃないけど知ってもらってもいいかなぁとも思う。

 

そんな若造が数十年後にどうやってGARDEN作ったのか?を。

 

 

さてセールス新米の僕も2、3か月もすると、課長に教わったことも何となく理解できて、

いわゆる「ターゲット」みたいなものを絞りながら、でも相変わらず地道な挨拶営業を繰り返していた。

 

そんな時に何度も通い目をつけていたところの奥様から、「旦那がパンフレット見て買いたい様なこと言っていたわよ」と。

 

早速営業所へ戻り課長と打ち合わせ。

 

現行車の下取り価格やより具体的なパンフレットを用意して、奥様から聞いていた帰宅一時間前から玄関近くの電注の裏に潜んでいた(笑)。

 

予定より少し遅れてご主人が帰宅。

 

はやる気持ちを抑えて「まずは風呂かな?食事かな?」

 

いきなり帰ったのを待ち伏せるのもだし、、、

タイミング悪いと気分を害するし、、

 

迷っててもしょうがないからここは突撃!

 

「夜分すみません!ご主人がお車の買い替えに興味を持たれていると伺っていて、たまたま(特にここを強調)通りがかったものですから、、」

 

ちょうどタイミングも良かったらしくご主人も前のめりで話しを聞いてくれた。

 

 

「とりあえず今のお車の下取り価格だけでも調べさせてください!」

 

ここはすでに課長と打ち合わせ済み。

 

大体の価格は出ていたんだけど、最後に車検証を確認して何を購入してもらうかで交渉する予定になっていた。

 

課長から教わった通りに、「好きな色」「つけてみたいオプションやパーツ」などなど、、

 

相手をくすぐることをどんどん聞き出してそれを見積もりに勝手に加算して行く(笑

 

 ある程度聞き出したところで、「ちょっと上司に相談させてください!」と。

 

でも当時は携帯なんてなかったから、「お電話お借りしてよろしいでしょうか、、?」(笑)

 

いかにも上司を説得してお客様のための良い条件を引き出そうとしているお客様に寄り添う営業マンさながらに(笑)。

 

でもある程度の打ち合わせで確認はしていて、課長からは「この値段で取ってこい!」と。

 

「今上司と相談して、本来そこまではできませんが、、今回は色々ウチも決算期とかありまして、、、」

 

「このパーツをつけてこの値段で下取りするとこれくらいです!」

 

みたいに説明して行くと、どんどんご主人がその気になって行くのがわかり、、、

 

「じゃあ今度の週末営業所まで伺うよ!」

 

というタイミングで、実はかなり脈ありと感じた課長が突然訪問、、

 

「~様須崎がお世話になっております」

 

あとは更に付属品を足すとかなんとか、、、

 

結局課長はその場で契約を確定してしまった。

 

 こうして茨城の高卒の、世の中も営業もわからない若造のめでたいセールスマンデビューとなった。