story 2

2021.04.06

 

初めての就職

 

ただ何も考えずに遊んでばかりの高校生活を終えて、僕は18歳で神奈川日産のディーラーに就職した。

 

特に大した理由もなく父親が日産のスカイラインを好きだったこと。

 

僕の出身は茨城県となっているが家族の都合で各地を転々としていて、中学校年生から高校卒業までは茨城県だったけど、小学年生から中学2年生までの年間は神奈川の川崎市に住んでいたこともあり、、、

 

そんな程度で就職先を決めました(笑)

 

お金なんてなかった僕は一人暮らしなどできず、当時の長津田営業所の上が寮になっていて、

そこから社会人一年生の生活がスタートする。

 

寮費はいくらか引かれたとは思うけどほとんど記憶がない程度で、、

 

朝晩の食事付き。

 

しかも大企業というのはさすがなもので月~までのか月間は全て研修。

 

それでお給料も100%頂けて、、、

 

途中富士山麓の自衛隊訓練所のすぐ横の合宿所に詰め込まれて、いわゆる声出しや体育会系なこともやらされたけど(笑)。

のちに考えればいい経験だった。

 

そんなか月間を過ごし僕が配属されたのは厚木営業所。

 

一番近い先輩で22歳、その上の24歳の先輩は地元でも大きな修理工場の御子息でいわゆる縁故というやつでエリート。

 

あとの皆さんは30歳以上で、つい最近まで茨城の田舎で遊びほうけていた若造にとっては、全くコミニケーションを取りようもないおじさんたち。。。。

 

「まぁ仕事なんてそんなもんだろう、、、」

 

僕の社会人生活はそんな風に何の目標やまして夢なんかなく、なんとなく始まりました。