隠し球はソウルフード

  「週刊NY生活」という新聞がアメリカにある。「海外で存在感のある媒体」として共同通信に取り上げられたこともあり、新聞が次々と淘汰されるアメリカにあって「今」の情報がわかる新聞として現地の人々に支持されている。その「週刊NY生活」の2014年12月6日版にこんな記事... 続きを読む

やりたいことがあるから、やりたいことができるからココにいる

  自分の力を試したい。けれど怖い。美容師でなくともさまざまな職業で、また人生のときどきに、そう思うことは誰しもあるだろう。挑戦するために組織を飛び出すこともあれば、安定を手に入れるために組織に入ることもある。話を美容師に限定すれば、フリーランスとして世界を飛び回るア... 続きを読む

どこでだって つかめるものをつかむ!

  「ときどき、今、フロアではどんなカットが行われているんだろう?とか、誰がどんなパーマの指示を出して、誰がロッドをどんなふうに巻いているかな?とか、どんな色のカラーリングをしているのかな?って、見に行きたくなるときも、正直、あります」  そう話すのは、GARDEN ... 続きを読む